派遣の面接時の服装は、対応範囲の広い「定番」をしっかりおさえよう

派遣の面接時の服装は、対応範囲の広い「定番」をしっかりおさえよう

さまざまな派遣に対応できるベーシックな服装

派遣業はアパレルから飲食店、携帯ショップや大手企業などさまざまな職種へ、人材派遣を行っている会社が多く見受けられます。

そのため事務職から接客までをこなせそうな人が重宝されるのですが、そうした人材であるかどうかを見極める面接での、最初の印象が肝心になってきます。ハキハキとした挨拶や好感度の持てるやわらかな物腰、しっかりした態度も、もちろん必要不可欠です。

それと同時に面接時の服装も重視されるポイントです。女性の場合、胸元や体の露出が激しいと、ほとんどの場合、敬遠されてしまいます。清潔感があって、スマートでベーシックな服装がおすすめです。

ベーシックというのは、スーツやジャケットでまとめた服装です。わかりやすく言えば、そのまま派遣の仕事が来てもすぐに対応できるような、無難で品のある服装を選ぶと良いでしょう。

シワシワの服や、色あせた靴はNG。身だしなみはきちんと整えて

意外と自分で気づかないのが、ジャケットやシャツのシワです。派遣業はオールマイティに立ち振る舞う業務ですから、どんな派遣を請け負っても問題ないような清潔感のある服装がポイントです。

面接前に靴の汚れを落としたり、鏡で全体的なヨレがないか、見えにくい汚れがついていないかなどを入念にチェックしておきましょう。

特に靴の汚れは、ふと足元に目を配った瞬間に、目立ってしまいます。汚れやシワは面接だけではなく日々の生活でも意外と目立ってしまうものですから、普段から心がけておくと、いざというときも堂々と面接を受けることができますよ。

服装とセットで髪型、小物使いもチェックされることも

服装と全体イメージは、会ってすぐにチェックされます。特に女性はシンプルな中に原色ワンポイントを入れる人も多いとは思いますが、全身真っ黒ではない限り、シンプルなリクルートスーツは派遣業では好印象を与えます。

控えめで上品な服装は、案外着こなすのが難しいですよね。シンプルにするとピアスやネックレス、ワンポイントのストッキングなどを使いたくなります。

応募先がアパレル専門の人材派遣なら、小物をセンス良くまとめて面接することもできますが、トータルで他業種の派遣を行っている会社の面接では、あまりセンスの良さを魅せることに執着しないことを心がけましょう。

シンプルでアクのない服装は、大手のしっかりした会社にも派遣されやすくなる可能性もあります。しぐさや口調だけではなく、外見で一番初めに目に留まる服装を考慮すれば、服装でマイナスにならないかなどと気にならずに、安心して面接を受けることができますよ。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ