塾バイトの個別指導と集団指導、実はこういう違いがある

塾バイトの個別指導と集団指導、実はこんなに違いがある

勉強を教える塾のバイトには、個別指導と集団指導があります。同じ講師という職業でも、授業の対象となる人数が全く違うので、それぞれの違いをふまえてバイト選びをしてください。

個別指導は家庭教師に近いイメージ

このうち個別指導は、塾の教室の中で講師と生徒と1対1、もしくは1対3くらいまでの生徒に勉強を教える、いわば家庭教師のようなものだと言ってよいでしょう。

担当する生徒の苦手なところを、克服できるまでマンツーマンでしっかりと教えるというのが、個別指導の講師の仕事。なので教える内容やペース、接し方などを、その生徒に合うよう工夫しなければいけません。

生徒数が少ない分、一人ひとりのケアがよりいっそう求められますし、生徒の状況を詳しく上司に報告しなければならない場合もあります。気になる時給は、平均1,500円くらいからの設定にしているところが多いです。

教師を目指す人におすすめの集団指導

塾で教えるバイトには、少人数の生徒を相手に勉強を教える個別指導のほかに、集団指導があります。

集団指導はその名の通り、複数の生徒に対して同時に勉強を教えるスタイルのものです。少なければ2~3人の少人数から、多い場合は20名以上の大人数まで、クラスの構成は塾によって様々です。

どちらにせよ、複数人に勉強を教える際に必要なのが、人前で分かりやすく物事を話せる・説明できることや、授業で何をどういう風に教えるのかという事前の準備などです。生徒一人ひとりが理解できるような教え方をしなければいけないのはもちろんですが、クラス全体として管理・運営できることが重要になります。

複数の生徒に教える集団指導の講師は、学校の先生と同じようなもの。将来教師を目指している人には、いい勉強になること間違いなしです。

集団指導の場合は、個別よりも少し時給が高いケースがほとんど。時給1,800円~2,000円もしくは以上、というところが多いでしょう。

それぞれの特徴に合わせて選ぶのがベスト

塾のバイトでは、個別か集団かで、授業の進め方や時給などがそれぞれ異なります。

大きな分類で言うと、大人数の前で話すのが苦手であれば個別の方が、将来教師になりたい人などは、集団指導がおすすめです。

人に教えるのは初めてで、コツが分からない…という人には、どちらかというと個別の方がハードルは低いかもしれません。

ただ、どちらのスタイルでも人に「教える」、「コミュニケーションをはかる」力を求められる、また、他のバイトに比べて時給が高めであるという点は共通しています。

また、塾のバイトには、受験生や、成績がのびなくて真剣に悩んでいる生徒とその家族のことを、心の底から支えたい、という気持ちをもって臨むことも大切です。責任が重いと感じることもあるでしょうが、その分、担当する生徒が志望校に合格したり、成績が上がったりすれば、喜びややりがいを感じられる仕事ですから、一所懸命取り組んでください。

塾バイトの面接攻略法はこちらの記事でマスターできます。

塾講師のアルバイトを探す ≪お祝い金付き≫

マイベストジョブは、お祝い金がもらえる求人サイトです。アルバイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

このページのトップへ