【2014.10最低賃金】東京・沖縄で最大211円の差!都道府県で大きな違い

バイトの最低賃金

「最低賃金」は都道府県・産業別に国が定めています

最低賃金法とは、国が賃金(時間給)の最低額を定め、それ以上の賃金を労働者(アルバイター、フリーター、正社員など)に支払うことが決められた法律。ひどい労働条件で働くのを避けるために、賃金額の最低金額を定めたルールになります。

たとえ雇い主(企業やお店)とアルバイターが合意の上で、すでに労働契約を結んでいたとしても、最低賃金以下の時給は法律上は無効に。最低賃金と同じ時間給が適用となります。

最低賃金には2つの種類があり、各都道府県別に定められている「地域別最低賃金」と、特定の産業で働く人に定められている「特定(産業別)最低賃金」があります。

最低賃金制度について(厚生労働省ホームページ)

「特定(産業別)最低賃金」で指定されている産業は多くありますが、例をあげるなら“製造業、出版業、小売業”など。「地域別最低賃金」と「特定(産業別)最低賃金」の同時が適用となる場合は、その金額の高い方が支払われるという決まりになっています。

また「地域別最低賃金」は各都道府県によって金額が異なります。企業が多く集まる都会の方が高い傾向で、地域によっては最低賃金が200円ほど違ってきています。地域別最低賃金は、アルバイトやパートなどの雇用形態には関係なく、同じ金額が適用されます。

他に比べて、アルバイトだから「最低賃金が低い」、ということはありません。なお最低賃金は、毎年改定があり、多少の変動があります。

最低賃金を下回ってないかどうかは、1時間あたりの給与を出せばわかります

「自分のアルバイト先は、最低賃金が下回っていないかな?」と気になる人は、給料を時間給で換算してみましょう。まず分かりやすい例でいうと、時給で働くケースから。アルバイト先が時間給の場合は、『時間給≧最低賃金額(時間額)』が適用となります。

日給で8時間勤務、8000円の支払いがあった場合、「8000÷8=1000」で「時間給は1,000円」。『日給÷1日の所定労働時間≧最低賃金額(時間額)』と計算すればOKです。また月給14万円の場合で月間の労働時間150時間の場合は、「140000÷150=933」で「時間給は933円」。『月給÷1カ月の平均所定労働時間≧最低賃金額(時間額)』で計算します。

なお最低賃金は地域や年によって異なりますが、おおよその額として最低ラインは600円くらいが平均的。最低賃金は毎年変わっていくものなので、厚生労働省のホームページで地域別最低賃金をチェックするようにしましょう。

最低賃金の対象になる範囲は「基本給と諸手当」です

最低賃金の適用は、毎月ベースで支払われる「基本給と諸手当」が対象。「ボーナス、残業手当、深夜割増賃金、通勤手当」などは対象外となります。アルバイターに支払う時給が、最低賃金より下回っている場合は、企業やお店は差額分を支払う必要があります。
その支払いを企業やお店が拒否した場合は、最低賃金法で罰則が定められています。

なお最低賃金は、「業務委託契約」や「業務請負」の場合は適用外になることも。
労働契約を結ぶ際は、雇用形態や雇用契約がどうなっているのかを確認してください。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ