【大学生】バイト履歴書『学歴・職歴』の書き方、例‏

【大学生】バイト履歴書『学歴・職歴』の書き方、例‏

小学校卒業から書き始める

大学生のバイトの履歴書。学歴はどこから書けばいいのか悩んでしまう人も多いです。

学歴を記入するときは、1行目の中央に学歴と書き、小学校の卒業から順番に記入していくのがポイントです。

小学校や中学校は卒業の年月のみで、問題ありません。「〜年〜月、〜小学校卒業」「〜年〜月〜中学校卒業」という感じで記入していきます。

高校入学以降は入学と卒業年月を両方を記入しておくと良いでしょう。「同校卒業」や「〃」の記号は使用せずに、きちんと丁寧に書くことが大切。高校は高等学校、と正式名称で記入してください。

大学や短大、専門学校も同様で、専攻学科まできちんと記入しておくと問題ないでしょう。

高校も学部や学科、専攻名などがあれば、できる限り詳しく書いておくことをおすすめします。また在学中である場合は、学歴の最後に「〜年〜月現在、〜大学〜学部、在学中」と記入すると良いでしょう。

入学や卒業などの年月を間違わないように注意

履歴書には、左側に年月を記入するスペースが設けられています。

学歴と職歴には、それぞれきちんと、年月を書き込むように心がけましょう。学歴の年月は自分の年齢に合わせた早見表をみて、確実な年月を記載するのがポイント。

小学校と中学校は卒業の年月のみで、高校からは、入学と卒業の両方の年月を調べて書き込みましょう。

年月を間違ったからといって採用されない、ということはありませんが、きちんと調べて記入することで、バイト先からの信頼度も高まることがあります。

職歴は個人の情報になりますから、早見表は役に立ちません。しかし何歳の何月ごろにバイトを始めた、というのさえわかっていれば、その年齢の時は何年何月だったか、ということが、早見表を見て、年月を割り出すことが可能です。

このように履歴書は学歴、職歴は正式名称で記入し、きちんとした年月を書き込むようにすると良いでしょう。

年月の確認に使えます。

職歴はアルバイトも含めて書いてOK

職歴は学歴の下に記入していきます。職歴を記入するときは1行あけて、応募先が見やすいように書いていくのがポイント。

仕事を開始した年月と退職した年月を、記入していきます。現在大学在中で、過去に何個かのアルバイトしか、したことがないという場合も、アルバイトは職歴に含めることができます。

「〜年〜月、〜カフェバイト開始」「〜年〜月、 〜カフェバイト退職」などとはっきり書き込むことが重要。

時々辞めた理由まで記入する人もいますが「遅刻や欠勤を続けてしまったため解雇」などは、記入しなくても問題ありません。

正直なのはとても良い事ですが、学歴や職歴には、学校や職場の名前を正式名称で書くだけにしておきましょう。

もし初めてのバイトで、職歴がない場合は「職歴なし」と記入して問題ありません。

職歴や学歴を偽って書く後々問題になりかねませんから、偽らないないように、気をつけてください。

履歴書全体のガイドはこちらも参考にしてみてください。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

大学生を歓迎して積極的に採用しているバイトなら、採用される可能性もより高くなります!

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ