バイト先で仲間に好かれる話し方5つのポイント

バイト先で仲間に好かれる話し方5つのポイント

話し方を変えるだけで、自分の印象アップ!

日常生活のあらゆる場面で必要な会話のスキル。自分の伝えたいことをしっかりと伝えて、できれば自分に対して良い印象も持ってもらいたいものです。

会話上手な人には人も集まりやすく、自分を取り巻く環境を、より居心地の良いものにできるのです。今回は、先輩、後輩、気になる異性など、どの相手にも共通して使えるポイントを紹介します。

楽しい学校生活やアルバイト先での働きやすい環境など、話し方を変えるだけで手に入れられるものはたくさんあります。

5つのポイントをおさえて、話し上手になろう!

1.相手のことを見て話す

会話をするときにまずいちばんに大切なことと言えるでしょう。自分の意思を伝えるためにも、まずはきちんと相手の方を向いて話すことです。あまりにもジッと見つめると相手も動揺してしまうかもしれませんが、目線を合わせることよりも、相手の表情や雰囲気を読みとれるようにしましょう。

2.自信を持った声と口調で

小さな声でボソボソと話しては、そもそも聞こえないので相手には何も伝わりません。また、そうした自信のない話し方では信用もしてもらえません。話すときはハッキリとした声とトーンで、自信を持って話しましょう。余裕のない早口や小声では、どんどん話がわかりづらくなってしまいます。

3.話の結論・要点は先に持ってくる

ダラダラと長い説明のあげく、結局何を言いたかったの?という思いをしたことはありませんか?話の要点がいつまでも出てこないと、人はだんだんその話に興味を失うものです。そういったことを避けるために、まず何を伝えようとしているのかを先に言っておくのです。

話の要点がある程度わかることで、相手も何をいっているのかを理解しやすく、より伝わりやすくなります。

4.無理して笑いをとろうとしない

会話を盛り上げたい一心で、笑いを取りたい気持ちはわかります。でも無理にウケを狙ってみたり、オモシロイことを言おうとすればするほど、会話は不自然になってきます。
とにかく会話を楽しむことがいちばんです。自然に無理なく話す方がよっぽどお互いにとって楽しい会話といえます。

5.専門用語などで話さない

相手の知らない言葉を使わないということです。話の内容にもよりますが、専門的な用語や難しい言葉を使っても相手に伝わらなければ意味がありません。そのうえ、まるで知識をひけらかしているようにも受け取られます。

以上のようなポイントをおさえるだけで、あなたの話し方はより良くなるでしょう。
まずは人に不快な思いをさせないことが会話上手の基本です。それだけであなたを取り巻く環境は、今よりグッと良くなるはずです。

会話が続かない人のための雑談の進め方

職場の仲間とは色々な話をすると思いますが、うまく会話が続かない…そんなときのためのちょっとしたコツを紹介します。

1.相手への問いかけで終わる

たとえばコンビニなどで働いているとき、「今日は暑いですね。暑い日って何がよく売れるんですか?」「◯◯さんは冬って好きですか?」など、天気や気候ネタをちょっとした会話の糸口に。このとき、相手への質問で終わる形にすると、相手も答えやすく、話がうまく続きます。

2.定番の雑談ネタをおさえる

「地元・出身地ネタ」「兄弟姉妹ネタ」「休日の過ごし方ネタ」などが、自分も話しやすく、相手も答えやすいでしょう。ただし、あまり自分のことを出さないタイプの人にはふらないほうがいいかもしれません。普段の相手の話の内容や好きなもの、興味のあるものを知ることも大切です。

地元・出身地ネタの場合、「◯◯さんの出身はどちらですか?」「××県ってどんなところですか?」という尋ね方をするのが良いでしょう。
兄弟姉妹ネタの場合は「◯◯さんはご兄弟いらっしゃるんですか?」などですね。
休日の過ごし方は「お休みの日は何をされてるんですか?」などで良いでしょう。

会話の中から、思いがけない共通点が見つかったり、意気投合することがあるかもしれません。円滑な人間関係づくりは、自分が働きやすくなるばかりでなく、周囲の人も嬉しいものです。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ