この方法で万全!高校生が安心してバイトを休むためには

この方法で万全!高校生が安心してバイトを休むためには

急な休みはNGだけど事前に休むことをきちんと伝えていればOK

バイトをしていて、なんとなく休みを取るのが気まずいな、と思うことがありますよね。

実際は、事前に休みを伝えておけば、まったく迷惑はかかりません。

上司によっては、「〜日はお休みでお願いしたいのですが」と言うと、嫌な顔をする人もいるかもしれません。

しかし高校生に限らず、誰でも休みたい時があって当然なのですから、あまり気にしないで、きちんと休みましょう。

とはいえ、シフトが入っている日にもかかわらず、当日にバイトをドタキャンする、というのは、大変失礼にあたります

インフルエンザなどの感染症になってしまったり、家族が急病で倒れたり、通勤中に事故にあってしまったなどの特例を除き、基本的にドタキャンは仲間にも非常に迷惑がかかり、後から挽回することが大変になります。

大切なのは、事前にきちんと休みたい日を伝えておくことです。

高校生だからと、無理に休みを取らずにバイトをするのはNG。高校生でも成人した人でも、仕事となれば同じスタッフです。お互い持ちつ持たれつで、みんなで休暇を楽しみながら、楽しくバイトができる環境がベスト。

そうはいっても、休みに対する考え方は、バイト先によって大きく異なりますから、シフト調整のときに、あらかじめ事前に休みを聞いてくれる、バイト先がおすすめですよ。

長期休暇が欲しいときは上司へ相談すること

いくら事前に休みを伝えるっているからといって、何週間にもなる休みなど、あまりに長すぎる休みは、バイト先にも迷惑がかかります。

シフトの入り具合にもよりますが、週に3日程度のバイトであれば、仕方ないで終わるかも知れません。

しかし高校生でも、毎日バイトをしていて、まだ役職がついていなくても、スタッフリーダー的な存在の人もいるでしょう。そんな人は高校生であっても、お店にとっては重要なポストのスタッフです。

そんな人が、長期休暇をお願いすると、店長からはお店の事情としては困るなどと、言われることもあるかもしれません。

だからといって、絶対に連休をとってはいけないということではなく、長期休暇の場合は、休日の希望を伝えるだけでなく、「〜の理由で長期で休みが欲しいのですが、シフトの調整はできるでしょうか」などと、上司へ相談することが大切です。

円満でスムーズな休みのとり方を工夫してみましょう。

休みをもらったらお礼を言うのがマナー

休みを事前にきちんと伝えていた場合、バイト先に迷惑がかかるわけではないので、休むのは当然です。

そこで重要なのが、休みをもらったことに対して、しっかりお礼を言うこと。

事前に伝えればいい、ではなく、休むのはまったく悪くなくても「忙しいときに、お休みを頂いて、本当にありがとうございます」などと、上司や同僚、先輩、後輩ににひとことお礼が言える人になりましょう

高校生は、学校行事以外の理由で、休みにくい、というのはわかりますが、休みを取ることは迷惑ではありません。休みが欲しい時は、事前に相談したり、伝えることがポイント。

休みをもらえたら、しっかりとお礼を言えば、問題ないでしょう。

あらかじめシフトの希望が通りやすいバイトを選んでおけば、休みも取りやすくなります。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

高校生歓迎のバイトであれば、高校生の生活状況もわかってくれているところが多いので、休みも柔軟にとりやすいでしょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ