理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

バイトのシフトを減らしたい場合の理由、言い方・伝え方を解説します

バイトのシフトを減らしたい場合の理由、言い方・伝え方を解説します

今のシフトがきつくなった!どんな理由を、どう伝えたらシフトを減らしてもらえるか、言い方やポイントを解説します。

シフトを減らしたいときの理由5つ

アルバイトを続けるうちに状況が変わって、シフト日数を調整したいと考えている人は多くいます。学生、フリーター、家庭を持っている人など立場によってさまざまですが、大きく以下の5つの理由が上げられます。

本業が忙しくなった

学生の場合は学業、フリーターの場合は別に行っていることなど、アルバイトで働く人は、本業ややりたいことと両立している人が大多数でしょう。

そのため、例えば試験や部活・サークルのイベント、仕事の繁忙期などが重なった場合にシフトを減らしたいという声が多くあります。「本業を優先させるため」という理由はアルバイト先も納得しやすいものです。

体力やメンタル面で仕事に影響が出ている

実際に勤務を開始したら予想以上に体力的にきつかった、人間関係が上手くいかなくて職場に行くのが辛いといった声も良く聞かれます。体力やメンタルの影響で業務に支障が出るようであれば、アルバイト先に迷惑がかかりお互いにマイナスのため、早めに伝えるべき理由です。

家族に関するやむを得ない事情がある

両親が入院してサポートが必要になった、子どもが習い事を始めて送り迎えが必要になったなど、アルバイトより優先させて然るべき事情が発生した場合も、シフトを減らしたい理由となります。きちんと状況を伝えることで、受け入れてもらい理由です。

納税を避けたい

年収が100万円を超えると住民税、103万円を超えると所得税の納税義務が発生し、親やパートナーの税金が安くなる「配偶者控除」「扶養控除」の対象からも外れます。納税を避けて働きたい場合、それを超えない勤務日数、時間になるよう調整が必要です。

勤務開始後に何らかの事情でシフトが多くなってしまった場合に、調整したい=減らしたいという理由につながります。

掛け持ちしていて両立が厳しくなった

学生やフリーターの場合、掛け持ちでのアルバイトを行っている場合があります。事前に両立を考えて調整していても、状況が変わって対応できなくなってしまったということもあるでしょう。

掛け持ちの場合、事前に申告してないといけないケースもありますので、バイト先が掛け持ちについてどういうルールとなっているか、事前に理解しておく必要があります。

アルバイト先に負担がかからないように、きちんと事情、理由を説明し、納得してもらうことが重要です。

シフトを減らす言い方、伝え方

シフト数を減らすことについて、前述のような理由をきちんと伝えれば、アルバイト先は理解を示してくれるはずです。

ただし、言い方、伝え方によって、スムーズに対応してもらえるかが変わってきます。
言い方、伝え方のポイントは以下の3点です。

1.相談という形で切り出す

いざアルバイト先に申し出るときは、「来月からシフトを週3日に減らしてください」などとただ自分の希望だけ伝えず、まず「シフトを減らしたいけれど、調整は可能ですか?」と、相談するような形で切り出すことをオススメします。

もし「繁忙期だけは多めに出てほしい」「再来月から減らしてほしい」などアルバイト先からお願いが出されたら、いったん受け止めて、そのうえで「できる」「できない」を話し合いましょう。

2.次のシフトが決まる前に伝える

シフトの変更が発生した場合、アルバイト先は代わりに勤務できる従業員を探すなど、調整する必要が出てきます。シフトを減らしてほしいと思ったら、シフトが決まってない段階でアルバイト先へ伝えましょう。やむを得ない事情でシフトが決まったあとに伝える場合は、少しでも早く伝えるようにしてください。

シフト数が多いということは、勤務態度や能力を認められているはずです。変更後もアルバイト先と良好な関係を続けるためにも、なるべく負担をかけないよう考えて動きましょう。

3.伝えるタイミングも考慮

シフトを管理している上司や店長は、基本的に忙しい立場にある人です。対面で直接伝えるのがベストですが、シフトの相談という個人的な話について、忙しい時間帯に話しかけたり、すれ違いざまに軽く呼び止めたりしては、マイナス印象を与えます。

まずは、「今話して大丈夫か」「いつなら話せるか」を確認して、上司・店長が余裕を持って話を聞けるタイミングを考えましょう。

別のアルバイトを探すことも検討する

シフト数の変更について、アルバイト先にも都合があることも忘れないようにしましょう。

例えば最初の雇用条件が「週5日勤務」となっていたのに「週3日勤務」と少ないシフト数に変更したいとなれば、条件を満たさないことになり、雇いづらくなります。その場合、条件に合うほかのアルバイト従業員を雇う可能性が高いと考えてください。

相談してみて難しそうな場合は、新しいアルバイト先を探すことも選択肢に入れておきましょう。

理由や言い方、伝え方のポイントを踏まえて、アルバイト先も自分自身も、お互いがより希望どおりの状況になることをめざしましょう。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

    このページのトップへ