なかなか希望したシフトにならない~シフト調整をうまくする方法

なかなか希望したシフトにならない~シフト調整をうまくする方法

面接時に希望のシフトをはっきり告げる

アルバイトさえできれば自分は幸せだ、と考える方もいると思いますが、そうではなく勉強や趣味を充実させ、空いた時間にアルバイトを希望する方も多いのが現状です。自分の趣味や勉強、その他大事にしたい時間があるから、それ以外の空いた時間でアルバイトを希望する方は多いですね。

面接に受かりたかったから言い出しにくいなどと、さまざまな理由はありますが、出勤希望の日時を言わず「いつでも大丈夫です」などと言ってしまうと、採用されてから自分が困ったり、苦しくなります。面接は仕事の条件を決める契約の場でもあります。

そのためにも、面接時に自分の主張をはっきりと伝えることが、上手なシフト調整をして無理なく続けられるコツです。はっきりと○曜日と○曜日は勤務できないなど、自分の条件を提示しましょう。その結果、自分の条件に合わず不採用となっても、自分が悪かったと責めるのではなく、今回は縁がなかったと切り替えて、次の応募先を探すのが良いでしょう。

仕事は雇用主が絶対というわけではありません。応募先はたくさんあり、仕事を希望する方にも都合がありますから、お互いにメリットがあると言える関係を築くことができればベストです。

上司としっかりコミュニケーションをとる

日頃から上司・店長など責任者と良好なコミュニケーションが取れていれば、シフトも希望通りに組んでくれる可能性は高まります。良好な関係を築くためには、まず仕事を真面目に行いましょう。細かいことでも報告、連絡、相談をしたり、積極的な姿勢が希望通りのシフトになる第一歩です。

また、自分の都合が良ければ、急な残業や休みだった日に突然の出勤を頼まれた場合は、快く受けてあげるのも一つの手です。責任者も感情を持った人間です。困った時に頼れる存在や真摯に仕事をしているスタッフには、少なからずシフト作成時に、先月無理を聞いてもらったから今月は希望通りのシフトにしてあげようと考える優先順位を上げて考慮してくれるかもしれません。

困った時にはお互いさまの精神で、仕事をしましょう。

休みが欲しい場合、できるだけ早めに伝える

急な休みや長期の休みが必要になった場合は、バイト先にいるのであれば直接言うほうが良いですし、そうでなければ電話やメール(できれば電話をおすすめします)でできる限り早めに伝えるようにしましょう。

別のスタッフが同じ日に休みの申請をするかもしれないので、次の出勤時に伝えれば良いと先延ばしにすると困ることにもなりかねません。先に伝えた方が優先されるとは言い切れませんが、検討材料の一つとして考えてくれるはずです。

仮に旅行が2か月先に決まった場合、決まった時点で一言、いつからいつまで旅行に行く予定がありますと伝えておくこと。可能であればその時点で、その時期のシフトから除外してもらうのがベストです。ただ、責任者も忙しさの中で忘れてしまうかもしれませんので、シフト作成期にもう一度念を押すことを忘れずにしましょう。

また、先の予定でなくても、体調が悪く急な休みが必要になった時も、早急に連絡をしてください。この場合は当日や前日の場合が多いので、責任者は他のスタッフに連絡を取らなくてはならないので、少しでも早く伝える方が仕事をする上でのマナーです。

急な休みが必要になることは、誰でもあります。休みの日の出勤を打診された時は、予定が無ければ快諾して円滑なアルバイト生活を送ってください。

入れたくないときにシフトを入れられて断りたい場合はこちらの記事を参照してください。

シフト自由のバイトであれば、希望は通りやすいところが多いです。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ