バイトのある日に寝坊!事前・事後の対策はこれだ‏

バイトのある日に寝坊!事前・事後の対策はこれだ‏

寝坊は社会人としてしてはいけないミス。謝罪と次の対策が重要。

バイトに限らず、大事な用事がある時についうっかり寝坊してしまった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。

仕事となれば、交通機関に影響がでたり何らかの事故に巻きこまれるなど、よほどの事情がないかぎりは、遅刻の言い訳はいっさい通用しません。

極端な話かもしれませんが、単に眠いというだけでみんなが寝坊して遅刻をしていたら、仕事が進みませんよね。自分が関わっている職場の仲間や、お客様にも迷惑がかかってしまいます。

身体の不調、病気などでないただの寝坊となるとなおさら、社会人として絶対にしてはいけないミスになります。

万が一、寝坊してしまったときは、言い訳せず素直に『寝坊してしまいました、本当にすみません』などと、しっかり謝りましょう。
そして2度と寝坊をしないように自分なりの改善策を考えて、それを実行していきましょう。

次に、自分が遅刻することによる影響範囲をあらためて確認し、対処方法を考えましょう。電話で上司と相談しても良いかと思います。

例えば、「開店前の店の清掃が遅れてしまいますが、どうすれば良いでしょうか?」「店舗の人出が足りなくなってしまうかと思いますので、すみませんが、今シフトに入ってもらっている◯◯さんに、1時間延長してもらうことは可能でしょうか?」など具体的な問題点を挙げて、対応策を上司と相談してみてください。

寝坊をしないのが前提ですが、もし寝坊してしまったらすぐに連絡すること

まずは絶対に寝坊しないように、自己管理をすることが基本。睡眠不足からくるミスは、自分だけでなく職場の人たちにも迷惑をかけてしまいます。

ついうっかり寝坊をする人は、単に寝不足だけではなく、日々の精神的なストレスで朝起きられないことも考えられます。今後社会人になって寝坊しないためにも、徹底的に寝坊をしない習慣を確立しましょう。だからといって、あまりに遅刻してはいけない、と考えすぎると余計にストレスになって、なかなか寝付けないということもありますよね。

眠ることに神経質にならず、バイト前日は深夜まで遊ばない、就寝前にカフェインの強いコーヒーなどの飲み物を控えて、リラックスした状態で睡眠をとりやすくすることがお勧めです。そして朝は光が入るようにカーテンを少しあけておく、目覚ましを何個か設置するなどして、自分なりに朝起きる努力をしてみましょう。

それでも寝坊してしまった場合。嘘をついたり、体の不調があるなどと言い訳をするくらいなら、素直に謝って怒られたほうが、今後の自分のためになります。

病気や事故などよほどの理由がないかぎり、寝坊は社会人にとって痛恨のミスといえます。寝坊で遅刻をしない、というのは本来は学生でも当然のことですし、社会人としては、なおさら最低限の常識だということを忘れずに、早寝早起きを心がけて生活してみましょう。

睡眠時間の確保と、朝起きられるような対策で寝坊を予防しよう

バイトの前日、少しでもゆっくり寝たほうがいいとわかっていても、生活スタイルによって早く寝ることが難しい日もあるでしょう。

できるだけ睡眠をたっぷり取れるような時間配分をおこない、就寝前にはバスタイムをゆっくり楽しむなどして、リラックスできる環境も作ってみましょう。またバイトの前夜は遅くまで飲みに出ないなどとの事前策が、自分なりに思い浮かぶと思います。寝坊をしないようにするには、余裕を持って睡眠時間をとることが大切です。

ゆっくり休むことで寝坊を防止するだけではなく、翌日の仕事もはかどることにつながるはず。寝不足で仕事をするよりも確実に効率がいいですよね。
ただ、たくさん寝たからといって寝坊しないわけではありませんから、起きるのが苦手な方は、スマホのアラームや目覚ましをきちんと使用しましょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ