バイトの面接、必要な持ち物は履歴書、筆記具以外は?

バイトの面接、必要な持ち物は履歴書、筆記具以外は?

履歴書が不要の面接でも、念のため持参する

履歴書は不要です、という応募先もありますが、念のため履歴書を書いて、封筒に入れて、面接会場へ持っていきましょう。

履歴書のかわりに、あらかじめ記入シートが用意されていたり、『履歴書不要』と書いていたのに、いざ面接へ行ったら『履歴書はありますか?』と聞かれることもあります。

なくても応募者が悪い、というわけではありませんが、やはり何があるかわからないということで、念のため持っていくと、間違いがありません。

履歴書の内容と、面接で話す内容は、一致させるようにしてください。例えば、履歴書には『接客をしてみたいから』と応募動機を書いているのに、口頭では『家が近いから』などと全く違う内容で話してしまったら、信用がなくなってしまい、不採用の可能性が上がってしまいます。

履歴書を念のため持参する場合は、書類と、話す内容が異ならないように、しっかり確認しておくことが大切です。

身分証明書を確認されることもある

お店や会社によっては、面接のときに、住民票とまではいかなくても、身分証明書を確認することがあります。特に学生のアルバイトの場合は、保護者や学校の承諾が必要な応募先もありますから、本人と証明できるものを持っていくと安心。

本人確認ができるものは、運転免許証や保険証、学生証などです。だからといって、わざわざ住民票や身分証明書のコピーを持参する必要はありません。身分証は、年齢などを確認するためのものです。

デリバリーなど運転免許が必要なアルバイト以外は、面接官が身分証を目で見て、確認するくらいでしょう。ただ、まだ採用が決まっていないうちから、理由もなく身分証明書を一方的に渡さないように注意しましょう。

応募先が管理に困る場合があります。近年は個人情報の取り扱いもきびしく、本人確認の書類は必要があれば採用後に提出、というところが増えていますが、確認のみおこなう場合もあるため、身分証明書も、念のため持っておくとよいでしょう。

スケジュール帳とペンは必ず持っていきましょう

シフト制で勤務することの多いアルバイト。応募先も『この時間は出れますか』『いつから働けますか』『出勤が無理な曜日はありますか』など、具体的に聞いてくることがあります。

それはシフトを作る上で、今現在、スタッフが足りない時間帯や曜日に入ってほしいからです。スケジュールを聞かれても『一度帰ってから確認しないとわかりません』などと答えてしまうと、あまりよい印象を持たれませんよね。

あらかじめ自分のスケジュールを把握しておけばよいのですが、授業や所用などを暗記できない場合は、面接中でもスケジュール帳を確認できるようにしておくとベスト。

手帳などを持っていない場合は、今はスマートフォンでもカレンダーやスケジュールのアプリがありますので、そういったもので予定を管理することをおすすめします。社会人になってからも、きっと役立ちますよ。

『スケジュールを確認させていただいてもよろしいでしょうか』とひとこと断りを入れてから、すぐに確認して返答できれば、応募先にも好印象持たれるでしょう。また面接時に、履歴書と別に名前や住所などを記入する場合もあるので、ボールペンも準備しておくとよいですね。

こちらも:バイトの面接、自己PRってどんなことを言えばいいの?‏
持ち物をしっかり準備したなら、あとはうまく自分を表現するだけ!秘訣を教えます。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ