バイトの面接、服装は清潔さが重要、そして髪型、靴にも要注意

バイトに面接に行くときの服装マナー

バイトの面接に行くときの服装、どんな格好で行けばいいのか、気になりますよね。
重要な点は
・応募先の会社、仕事のイメージに合わせること
・派手すぎる、個性的すぎる、不潔な服装はNG
・服装だけでなく、髪型、靴などトータルの身だしなみに注意する

ということです。それぞれ、詳しく解説します。

応募先の「仕事のイメージ」に合わせることが大切

「就職活動なら面接の時はスーツを着ればOK!だけど、バイトの面接では何を着ればいいの?」「カジュアルなファッションで面接に行ってもいいのかな?」と、疑問に思う人もいるのではないでしょうか。アルバイトの場合、面接で重要視されるのは“職場になじめるか”ということ。それゆえに、面接の時の服装で“協調性”があるかを判断されるケースもあります。

そこで、面接時の服装として参考にしてほしいのは「仕事のイメージに合わせる」ということ。フード系のアルバイトなのにスーツを着ていくのはちょっと堅苦しいイメージだし、本屋のアルバイトなのにスポーティーなのもイメージが違います。

履歴書以上に、面接で会った時の『印象』が、アルバイト採用の合否に大きく関わるもの。面接担当者に「この人、良さそうだな」と好印象を持ってもらうには、服装がとても重要なんですよ。

どんな職種の面接でも受けがいい服装としては“清潔感”がポイント。ジャケットと白シャツや黒いスカートやパンツなど、オーソドックスなものが無難です。カラフルなものより、ベーシックな色合いがオススメです。

不潔、だらしない、個性的すぎる…こんなファッションはNG

“個性がありすぎる”や“だらしない”服装は、面接担当者に良い印象を与えません。例をあげるなら、よれよれのTシャツ、ダメージジーンズ、革ジャン、ハーフパンツ、ミニスカート、大ぶりのアクセサリーなどはNG。

服が汚れた感じだったり、肌を露出するようなスタイルはやめた方が無難です。見た瞬間で、面接担当者に「この人、大丈夫かな?うちの職場に合うかな?」と残念に思われたら悲しいですよね。

いくら自分が好きな服装のスタイルがあったとしても、面接でその個性が評価されるとは限りません。

お姫様系、ゴスロリ、ホスト風など、個性を主張しすぎるようなファッションは控えた方が良いでしょう。また普段はゆったりしたシルエットの服装が好きな人も、『Tシャツ』は『襟付きのシャツ』に、『ダボダボしたパンツ』は『脚にフィットするパンツ』に変える方がオススメ。

抜け感のあるオシャレより、面接では“パリッとした印象”の方が大切です。ただしジーンズは、職種によっては好まれないこともあるので、面接では履かない方がいいかもません。

最近ではオフィスワーカーでもオシャレを取り入れる人は多いですが、普段のオシャレと『面接の場』は別物と考えた方が良いでしょう。

髪型、靴などの「身だしなみ」に気を配ろう

服装の他、気をつけたいのは「髪型」や「靴」。自分では無造作ヘアのつもりでも、相手から見たら「寝ぐせかな?」と思われることもあるので、きちんとヘアセットして。ボサボサの髪だと、だらしない印象になりそうです。

そして案外見られているのは、靴。スニーカーが汚れていたり、ひもがほどけていたりはNG。靴がキレイな人は、面接担当者から「細かい所にも気がつくな」と好印象になりますよ。

またブーツやサンダルもやめた方が無難。夏に素足の人も多いかと思いますが、面接の場合は靴下や、女性ならストッキングを履くように。面接場所によっては靴を抜ぐこともあり、そんな時に素足だと、相手によっては不快に思う人もいます。もちろん靴下は清潔感があって、穴の開いていないものを選びましょうね。

以上が面接の際の服装マナーです。服装が原因で不採用になったらもったいないので、これらのポイントに注意して、身だしなみを整えてみてください。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ