バイト面接で相手に好印象をあたえる、すぐに使える自己紹介のワザ

バイト面接で相手に好印象をあたえる、すぐに使える自己紹介のワザ

どんなに緊張していても、笑顔と挨拶を忘れずに

どうしても緊張してしまいがちな、アルバイトの面接。笑顔で話したいのに、緊張のあまり表情が固くなってしまう、というのは、ほとんどんどの人が経験しているかもしれませんね。

明るくハキハキと話したい気持ちはあっても、いざ面接になると笑顔を忘れてしまうこともあるでしょう。

自己紹介だけでも、うまくアピールできればいいのに、と思う人も多いと思います。自分で緊張していると感じたら、少しだけ、リラックスしながら話してみましょう。面接で、緊張せずに完璧な自己紹介をしなければ、採用してもらえない、というわけではありません。

まずは、どんなに緊張していても笑顔を絶やさないことが大切です。また面接を受けるときに、声が震えたり、笑顔が出なくなってしまうことがありますよね。緊張しすぎてしまうと、うまく話そうとして、余計に話せなくこともあります。

緊張のせいで、話せない場合でも、挨拶はしっかりすることが重要。最初の「〜と申します。よろしくお願いいたします」などと、面接官に挨拶をするときは、明るい笑顔とハキハキした発言を、心がけるといいでしょう。

これを実現するための具体的なコツは、普段、話をしている声よりも大きいな声を出すこと。はじめの挨拶で、数メートル離れているところにいる人に呼びかけるくらいの声の大きさにしてみましょう。

一度、そのくらいの声が出せれば、あとは慣れやすいでしょう。

そして、笑顔になるコツは、口角をあげること。これは、自宅で鏡をみながら練習すると良いでしょう。口をどのくらい開けばいいのか、どのくらい口角を上げれば印象が良いのか、普段の自分を知っている家族にみてもらうのも良いかもしれません。

自己紹介も、明るく元気に話してみよう

緊張しない人のほうが少ない、バイトの面接。自己紹介が、うまくできるか不安、という人も多いと思います。

堂々と落ち着いて、笑顔を忘れずに話せるならいいのですが、頭でわかっていても、いざ面接会場に入ると緊張してしまうこともありますよね。だからといって、静かに淡々と完璧に自己紹介をすれば、採用されるというわけではありません。

しっかり話していても、笑顔を出さずに受け答えをするのは、あまり良い印象を持たれません。どんなに緊張していても、笑顔で質問に答えたり、スラスラと話せなくても一生懸命、明るく自己紹介をすることが大切。

元気よく受け答えをして、笑顔を忘れずにいるだけでも、面接官にしっかりと「この子は元気でしっかりしているな、大丈夫そうだな」と評価されやすく、採用につながりやすくなります。特に自己紹介は、緊張のあまり小声でボソボソと話さないように気をつけましょう。

面接官が質問をしても声が小さくて何をいっているかわからない、という状態はマイナスイメージになりかねません。明るく元気に、自分の名前や、応募動機を伝えることが好印象に繋がりますよ。

面接官の目をみて、話すことが大切

人によっては、目をみて話すことが苦手な人もいますよね。ですが面接で自分の印象を上げるには、明るく元気に話すことと一緒で、面接官の目をみて話すことも、重要なポイント。

笑顔で話すだけでも印象がよくなりますが、元気良くしっかりと、相手の目をみて受け答えをすれば、さらに好印象を持たれるでしょう。挨拶と自己紹介は、面接をするほうにとっても、重要なポイントです。

気持ちとしては、うまく話すことよりも、明るく元気に、笑顔を忘れずに、面接をにのぞむといいでしょう。

こちらも:面接に勝利するには秘訣がある!鉄則マナー解説
自己紹介以外にも、気を付けるポイントがありますよ。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ