飲食店のバイト面接では清潔感のある服装がいいのはなぜ?

飲食店のバイト面接では清潔感のある服装がいいのはなぜ?

基本は派手すぎずシンプルで清潔な服装

居酒屋をはじめとする飲食店のお仕事は、カジュアルな服装に上着が制服というパターンが多いですよね。

もちろん土地柄や飲食店のブランドによって格差はでてきますが、基本的には業務は動きやすい服装もしくはユニフォームで取り組みます。

それに伴い、飲食店の面接についてはスーツでいくよりも働きやすい格好のほうが、応募先の印象も良くなります。

面接時から働きやすい服装でアピールするのは、マイナスにはなりません。

ここで注意するべきことは、動きやすい服装=簡単な部屋着、ブカブカしている服、清潔感が見えない服ではないということです。

清楚な服装でも動きやすいスタイルはたくさんコーディネイト例がありますから、まず第一に清潔感のある服装を選ぶのが良いでしょう。

ジャケットにシンプルなボタンダウンのシャツ、それにあわせたシンプルなパンツなら基本は抑えているといえるでしょう。

髪型・爪・ひげ・アクセサリーもおとなしめが良い

飲食店ではホールであれキッチンであれ、食品を扱います。従って埃のついた服、汚れが目立つ靴、ボサボサの髪や長すぎる爪などは完全にNGです。

服装だけでなく手や髪、女性であればメイクなども派手なものは避け、身なりをきれいに整えて面接を受けることがポイントです。

服装はカジュアルで構いませんが、一言でカジュアルといっても個人差がありますよね。

そこで目安として役に立つのが、不潔ではないか、だらしなくないかなどの自己チェックです。

まずは髪型を整えてみましょう。服装はカジュアルでも落ち着いた色味のものを選びます。

どの業種の面接にも共通して言えるのは、全体的に清潔で、衛生的な服装が好まれます。シンプルな服装を意識するといいでしょう。

若いから、といって小物をたくさん付けるのもNG。飲食店の面接に、個性的な服装アピールは不必要ですから、小物を付けすぎるのは避けてくださいね。

靴はスニーカーでも構いませんが、靴の汚れは服装の中でも目立ってしまいますので、キレイな靴を履いて行きましょう。

靴が汚れていることで、せっかくのコーディネイトが意味を持たなくなってしまいますよね。

足の先から頭までを清潔に考慮していくと、面接で不快感を与えることはありません。動きやすい控えめな服装、清潔で衛生面をきちんとしている身なりで面接にいきましょう。

だらしなくみえる服装はNG

ポイントとしては、だらしない格好を避けることです。服装全体の清潔感が重要となります。

ネイルをほどこしているのが汚いわけでは決してありませんが、短い爪にヌーディな一色のジェルくらいならまだ良いでしょう。

しかしコンビニによってはジェルネイルも禁止な店舗もありますから、無難さを考えれば透明なマニュキアで爪を健康的に見せる程度が好印象を与えてくれます。

服装も同様できちんと洗濯したもの、シワがない服など基本的な身なりをしっかり整えましょう。

清潔感があれば、ジーパンでの面接も一般的にはマイナスにならないので、清潔感を意識した服装で面接にいくことが大切です。

くれぐれも個性をアピールしすぎる派手な服装や、露出度の高いスカートなどを選ばないように注意して、面接に臨みましょう。

電話で応募したいとき、時間帯には注意が必要です。上記の記事も参考にして応募してみてください。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ