バイト面接、自分の長所、短所のアピール・説明対策

バイト面接、自分の長所、短所のアピール・説明対策

長所は周りからの褒め言葉を交えてアピール

自分の長所をいきなり聞かれたら、堂々と言える人も中にはいるかもしれませんが、大抵は謙遜しすぎて、返答に困ってしまいますよね。

あなたの長所はなんですか?という質問には、家族からは、明るくサッパリしていると言われるとか、友人にはよく挨拶ができて優しいと言われるなど、「周りからみた自分」を軸にして内容を相手に伝えると、無理なく長所のアピールができます。

しかし人の評価のみだと、長所アピールとしては足りないので、もちろん、最終的には自己評価を取り入れることも必要です。

人と話すことが苦にならない、仕事は最後まで仕上げないと気が済まないなど、長所のアピールには「仕事にまつわる性格」を伝えることがポイントです。長所アピールは事前に考えておくと、面接時にドギマギしてしまうことがありませんよ。

採用されてからの信用度がマイナスになるような短所を言うのはNG

面接によっては、自分の短所を聞かれることがあります。長所と同様いきなり自己評価をしろと言われても、正直返答に困ってしまいますよね。

ついつい、その場で反射的に言ってしまいがちですが、とっさに言ってしまうとマズイのが、時間を守れない、愛想がないなどの、「仕事に関して確実にマイナスになる内容」です。短所の質問が最も難題だと言っても過言ではないでしょう。

実際遅刻がちだとしても、何をやっても続かないとしても、そのような発言は絶対に避けてくださいね。

短所アピールはちょっとドジかもしれない、くらいの印象を与える程度が一番望ましいので、歩いていると時々こけてしまいます、こういう大切な時に緊張しすぎてしまうところです、など思わず面接官も笑顔が出てしまうような、ユーモラスでかわいいもので大丈夫です。

短所アピールを質問されることはあまり無いとはいえ、念のため無難な回答を用意しておくと良いでしょう。

自己アピールの説明ポイントは、自分を自慢せず、卑下せず、しっかりと相手に伝えること

アピールするためのノウハウ・マニュアルがあっても、面接する業種や形態により、どんな受け答えがベストかは少しずつ変わってきます。そこでどんな面接でも、常に覚えておくとよいのは、「自慢しすぎず、謙遜し過ぎないアピール」をこころがけること。

面接で聞かれることを想定して、事前に自分の長所短所をメモしておくのも良いかもしれません。何も伝えられなかった、マイナスになることを言ってしまった、と後悔しないために、事前チェックはとても大切ですよ。

アピールする時は笑顔でハキハキと、ゆっくり丁寧に話せるように練習しておくのも良いかもしれません。面接を完璧にしようとせず、自分の良い部分を最大限にアピールできるように心がけると、あらゆる質問にも、臆することなく答えられるでしょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ