理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

パートで会社が雇用保険に加入していなかった場合に失業保険をもらう方法は?

パートで会社が雇用保険に加入していなかった場合に失業保険をもらう方法は?

パートで働いていて、雇用保険の加入条件を満たしていたものの雇用保険に加入していなかった…そんな時に、失業保険をもらうことはできないのでしょうか。実はそんな時でも失業保険を受給できる場合があるのです。今回は雇用保険未加入だった、もしくは未加入だったと失業後に分かった場合に、失業保険をもらう方法についてご紹介します。

未加入でもさかのぼって雇用保険に加入できる場合がある

パートか正社員かに関わらず、雇用保険の加入条件内であれば全員に雇用保険の加入が義務付けられています。しかし、雇用保険の加入条件を知らなかったり、会社に「加入の必要は無い」と言われていたりして雇用保険の加入をしていなかった場合には、過去にさかのぼって雇用保険に加入することで失業保険をもらうことができる場合があるのです。

ただし、雇用保険の保険料を払わなければならないので、失業保険の給付金額によっては給付金額より保険料の支払い金額が上回ってしまう場合もあります。加入期間と保険料、給付金額がいくらになるのかは個別の事情によるので、退職後の場合はハローワークに行って確認することをおすすめします。

さかのぼれる期間は人によって異なる

自分が雇用保険に加入できるはずなのに入っていないことを知りつつそのままになっていて、退職後にさかのぼって加入するという場合、さかのぼれる期間は2年間です。もし2年以上勤務していた場合、その期間は加入期間として認められないため、長ければ長いほど損してしまう可能性があります。

これは、入っていないことを知りつつ何もしていなかったという点について、本人の落ち度もあるという考え方に基づいています。一方、会社に交渉したけど手続きをしてもらえなかった等、本人に落ち度がないとされれば2年以上さかのぼることができる場合があります。

次に、会社からは雇用保険に入っているとして保険料を給料から天引きされていたにもかかわらず、実際には加入していなかったことが分かった場合。これは本人に落ち度がなく、保険料の支払い実績もあるとみなされるため、2年以上さかのぼって加入できます

さかのぼって雇用保険に加入するための方法

準備する書類について

  • 給与明細、タイムカード、労働者名簿など在職を証明するもの
  • 2年以上さかのぼって加入する場合、雇用保険料の天引きを証明する書類(「給与明細」「賃金台帳」「源泉徴収票」など)

2年間雇用保険に遡って加入するには、在職していたことを証明する書類が必要でしたが、2年以上遡って雇用保険に加入するには給与から雇用保険料が天引きされていたという事実の証明が必要です。

雇用保険料を払っていたにも関わらず、会社が雇用保険に加入していなかった時には、2年以上遡って雇用保険に加入できます。その際には雇用保険料を払っていたことを証明する書類が必要です。

ハローワークで手続きを行う

本来、雇用保険の加入手続きは会社がしなければならないものですが、してもらえず退職に至った場合は自分で手続きをする必要があります。

雇用保険は「31日以上の期間、雇われて働いていた(あるいはその見込みがあること」、「1週間のうちに20時間以上勤務していたこと」が加入条件となっておりますので、タイムカードや雇用契約書など、働いていた期間や働いた時間がわかるものを準備しましょう。

そして会社の所在地を管轄しているハローワークに行き、手続きを行ってください。

失業保険は2年間で給付される権利を失う点に注意

実は失業保険の請求はいつまでも有効ではありません。支給終了日の翌日から2年を経過した段階で権利を失います

さかのぼって雇用保険に加入すれば失業保険をもらえたにも関わらず、もらっていなかった場合でも時効が過ぎれば失業保険をもらうことができません。自分が失業保険や雇用保険に関する給付をもらえるかもしれないと気づいたら、できるだけ早くハローワークへ相談に行きましょう。

雇用保険の加入状況はハローワークで確認できる

会社の所在地を管轄しているハローワークで「雇用保険被保険者資格取得届出確認照会」という確認のための手続きを行うことで、加入しているか、いつから加入していることになっているかを調べることができます。

ハローワークで配布されている「雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票」の用紙に必要事項を記入して提出します。郵送の場合は郵便事故防止のためなるべく簡易書留が良いとされています。その後、照会結果がハローワークから届けられます。

照会時に必要な書類は本人・住所確認ができる書類(運転免許証、住民基本台帳カードのうち本人の写真付きのもの、国民健康保険の被保険者証、住民票の写しなど)です。

いかがでしたか。今回は雇用保険に未加入だった場合の失業保険給付についてご紹介しました。雇用保険に未加入だったからといってすぐに諦めずに、雇用保険の加入条件を満たしていた場合にはハローワークへ相談をしに行きましょう。

雇用保険なしの会社は違法なの?

雇用保険の加入条件を満たしていない場合、雇用保険には加入しないこととなります。社会保険制度ありと条件設定されているパートの場合、条件を満たした社会保険にはしっかり手続きを行ってくれるでしょう。

↓マイベストジョブはどの求人でも必ずお祝い金がもらえます↓

パートするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているお仕事があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、パートに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐパート求人を探す

    TOPに戻る