とにかく早くお金が欲しいときは短期バイト、日雇いバイト‏

とにかく早くお金が欲しいときは短期バイト、日雇いバイト‏

短期は早めに給料がもらえるところがある

短期のバイトと、長期のバイトと違い、給料の締め日・支払日が違います。

短期=1ヶ月以内の雇用、長期=1ヶ月以上継続的に雇用、という例で説明します。

短期のバイトは1ヶ月未満の場合、当日~1、2週間で給料を清算して支払われることが多いです。

給料の支払いは、バイトの業務が終わった当日に、手渡しや1週間以内に振込、というバイト先が多いのが特徴。長期のバイトになると、基本的には1ヶ月単位で給料を清算します。

しかしバイト先によって、支払い方法や時期が異なるため、短期や長期というくくりではなく、給料の締め日と支払日は、事前にバイト先へ確認しておくと間違いありません。

日払い・週払いのメリット

給与の支払いは、長期や短期に関わらず、日払い、週払いと月払いという給料の支払い形態があります。

当然、月払いの場合は、一度にもらえる額が週払いに比べると大きいため、安定的に生活をして行く上では週払いよりも、月払いのほうがやりくりしやすい、という人も多いのではないでしょうか。

そうはいっても、バイトの場合はお小遣い稼ぎで、働いている人も少なくありませんから、急いでお金が必要な場合や、お小遣い稼ぎとして働いている場合などは日払い、週払いのほうが助かります。

月払いに比べて、日払い、週払いは支払額は減るものの、月単位でやりくりをするよりは、適度なタイミングで給料が入ってきますよね。

なので、早くお金が欲しいときは、日払いや、週払い可能なバイト先を探すのもおすすめです。

「短期のバイト」のなかで「日払いOK」などと掲載されているバイト先は、仕事が終わったその日ごとに給料がもらえるので、チェックしておきましょう。

注意しなければいけないことは、短期のバイトだからといって、必ずしも全てのバイトが週払いや日払い、というわけではない、ということです。支払い方法は、応募や面接のときに、自分の希望通りで間違いないかを確認をしましょう。

日雇いバイト=必ず日払いというわけではない

日雇いとは、1日単位で仕事が終わるような登録制などの人材派遣や、1週間程度の短期のバイトのことをいいます。

しかし全ての日雇いバイトが、日払いで給料がもらえるとは限りません。週払いや、翌月払いの可能性もありますから、とにかく早くお金が欲しいときには、応募先の備考欄を確認するのがポイント。

支払い方法を「日払い可能」とか「週払い可能」、「当日手渡し可能」などと明確に記載しているバイト先なら、間違いありません。念のため、面接時に「日払いでお願いできますか」などと、自分の希望はしっかり伝えることが大切ですよ。

短期や日雇いのバイトは、継続性が薄いものの、すぐにお金がほしいときには、おすすめのバイトです。

自分に合った条件のものが短期バイトにあれば一番いいですね。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

短期、単発バイトの中で、なおかつ日払いOKのものが、最も早く給料を受け取ることができるものになります。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ