短期のバイトはどんなものがある?種類も期間もさまざま

短期バイトの種類ってどんなの?種類も期間も様々

短期バイトは基本的に1日~3か月未満

一定の期間だけ仕事をする短期アルバイトには、いろいろあります。

期間についてはまちまちですが、多くのバイトで「長期募集」となっているものについてはほとんどが「3か月以上」の場合が多いので、「短期」という表記は最大でも3か月以内を指しているといって良いでしょう。

例えばリゾート地やレジャー施設など季節限定で忙しくなるような場所では、「リゾートバイト」と呼ばれる仕事があります。リゾート地の観光旅館やスキー場などでm1週間から1,2ヶ月程度の短期間でアルバイトを募集することがあります。リゾート地でのアルバイトなどは旅行気分も味わえ、自由時間や休みの日には観光もできるため、長期休暇のある学生に人気です。

さらに短いものでは、1日単位で働ける単発のアルバイトもあります。工事現場などの肉体労働から交通量調査やティッシュ配り、試験監督などたくさんの種類があり、自分のスケジュールに合わせて働けるメリットがあります。

また、1日だけのアルバイトは給与支払いがその日の仕事が終わったらもらえるという「日払い」のことが多く、突然の出費でお財布がピンチのときの頼み綱にもなります。

人気の短期バイトは

人気のある短期バイトをあげてみましょう。学生やフリーターにとっては、特に1日で完結するバイトに人気が集まっています。

試験監督
試験監督は入試の季節だけでなく、◯◯検定、模擬試験など、さまざまな資格試験の場でも必要とされるので、1年を通して需要のあるアルバイトです。特に必要な資格などもなく、信頼さえ得られれば楽な仕事と言えるので、学生に人気です。長時間座りっぱなし、もしくは試験会場内を立ち歩くことがあるため「人の集中を邪魔しない」ことが求められます。

イベントスタッフ
コンサートやイベントスタッフ会場の設営や運営が主な仕事です。臨時の仕事で肉体労働もあるので、時給が高めなことや、ときには有名アーティストなどのライブに関われることが人気の理由です。運が良ければライブのリハーサルの場に立ち会えることもあるようです。

交通量調査
交通量をカウントする仕事で、座りながらカウンターを持って、一定区域の人の数を数えるというものです。人と関わらず、じっと座っているだけで良いというのが人気の理由です。夏の暑さや冬の寒さは厳しいですが、経験も必要なく、年中募集があるのも良いようです。

引越し
肉体労働で大変な部分はありますが、募集は春の引越しシーズンに限定しているので、短期集中で高収入を得ることができます。

以上のように、1日で終わるバイトが人気ですが、このほかにも、短期で募集のアルバイトはたくさんあります。アルバイト情報サイトなどでしっかりチェックすると良いでしょう。

短期アルバイトを探すには

上記で解説したように、短期バイトは1日~2,3か月以内のものがほとんど。
その期間が終われば、必要に応じてまた次のアルバイトを探す必要があります。

そこをうまく乗り切り、効率的に短期バイトを探すためには、登録型のアルバイト募集企業に登録することや、求人サイトで短期・単発のバイトを希望条件として登録し、メルマガを受信するのがオススメ。

求人サイトはその時その時の最新の求人が掲載されており、希望の勤務地や職種、日程、時給などで仕事を探すことも可能ですので、自分に合った仕事が見つけやすいでしょう。
⇒ 短期・単発のバイトを探す

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ