シフトと固定どちらがおすすめ?バイトの働き方を比較

シフトと固定どちらがおすすめ?バイトの働き方を比較

バイトの勤務日時、曜日がシフト制か固定制か、この違いはバイトする人にとって大きなポイントです。シフト制であることを基準にバイトを探す人もいる一方、その逆のケースもあるでしょう。それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分の生活習慣に合わせた選び方がポイントとなります。

では、2つの働き方にはどのような違いがあるのでしょうか?

シフト制と固定制は職種が大きく異なっている

休みがシフト制か固定制かは、主に職種によって異なります。シフト制のバイトは飲食店、コンビニ、スーパーなどのサービス業が多く、特に店舗としての休みを設けていない会社のほとんどがこのケースと言えます。

一方で固定制は、土日が休みの会社や、決まった曜日を休日として定めている企業であることが多いです。職種としても、事務などのオフィスワーク業務は固定制を取り入れていることが多いでしょう。

シフト制で働くメリットとデメリット

観光地やレジャー施設などは、どうしても土日祝日に混雑するもの。平日の休みを利用して、空いている日に遊びに行けることは、シフト制アルバイトのメリットです。

また、土日休みの施設を利用しやすいのもシフト制の利点。例えば銀行や病院、市役所などに足を運ぶ際には、シフト制の方が利用しやすいと言えるでしょう。

デメリットとしては、知人との予定を合わせづらいこと。月のシフトが組まれる前に、休みの希望日を聞かれることはありますが、それ以外の休みはシフトができるまで分かりません。特に、友人からの急な誘いには対応できないことが多いと言えるでしょう。

また、希望日が通らないことがあるという点も頭に入れておかなければなりません。よくある例としては、土日に休みを取りたい場合。特に飲食店は土日が稼ぎどきです。忙しいことを見込んで人員を多くしたいというのが店舗側の心情なので、希望を出したとしても、「その日は出勤して欲しい」と頼まれることもあるでしょう。

固定制で働くメリットとデメリット

反対に、勤務する日時と休みが固定されているバイトの場合はどうでしょうか。

まずは、生活サイクルが決まったパターンになるので、スケジュールを立てやすいというメリットがあります。固定制のアルバイトは、土日の休みか平日の決まった曜日が休日となるパターンがありますが、どちらにしても休みは定期的に設定されているので、決まったサイクルでの生活を送ることができるでしょう。

シフト制とは違い1ヵ月先も2ヵ月先も休みが決まっている固定制では、先々の予定が立てやすいので、特に土日休みの場合には友人との予定も合わせやすく、イベントなどへの参加もしやすいです。

このようなメリットがある反面で、急な休みを取りづらいというデメリットもあります。シフト制では、急きょ休んだ場合は職場の人と休みを交換して、会社に迷惑が掛からないようにすることができます。

しかし、固定制の場合には全員が同じ日に休むため、この方法は不可能です。体調を崩したり休まざるを得ない場合は仕方ありませんが、給料が減ってしまったり、バイト仲間や先輩に迷惑を掛けてしまうこともあるでしょう。

希望の曜日・時間で働けるならシフト制がおすすめ

以上のように、アルバイトの働き方、休み方には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

シフト制がいいのか固定制がいいのか。どちらの方が優れているということは人によって異なります。ただ、バイトのスタッフが多く、シフトの希望が通りやすい環境であれば、平日、土日を問わず自分のスケジュールを立てて働きやすいので、シフト制度のメリットも、固定制のメリットも共に享受することができると言えますので、そのような場合にはシフト制のほうがおすすめです。

選ぶ際のポイントは、自分の生活パターンに適したアルバイトであるかを見極めることです。自分のライフスタイルを考えて、満足のいくアルバイトを見つけましょう。

シフト希望が通りやすい職種のアルバイトをうまく探す方法はこちらで解説しています。
シフト自由のバイトは全国で求人募集があります。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ