パートとアルバイトの違い【簡単解説】主婦と学生の違い?

パートとアルバイトの違い【簡単解説】主婦と学生の違い?

主婦は「パート」、学生は「アルバイト」というイメージがありますが、労働時間や賃金、社会保険、責任、立場などに違いがあるのでしょうか? 「アルバイト」と「パート」の違いや気をつけたい点を紹介します。

名称の違いに法律的な違いはない

まず、法律的には「アルバイト」も「パート」も同じ労働者です。雇用形態など違いはありません。

労働基準法では、「アルバイト」や「パート」はもちろん、正社員、契約社員、臨時社員などの区別はありません。

全てひとまとめに「労働者」と呼ばれています。

このとき、正社員より1週間の労働時間が短い場合、「短時間労働者」と区別されることはあっても「アルバイト」と「パート」の2つの区別は法的には設けられていません。まず、この点を頭に入れておいてください。

「アルバイトだから」「パートだから」と固く考える必要は実はないのです。

会社側が独自の定義をしている場合もある

「アルバイト」と「パート」には法的な違いはありませんが、会社や店ごとに独自に定義を決めていることがあります。これは法律的には問題になることはないので、色々な求人で記載されています。

例えば「アルバイトは、高校、短大、大学など未婚の学生、パートは結婚している女性」と考えている会社もあれば、「短期で働く人がアルバイト、長期で働く人がパート」と考えている店もあります。

そして、企業が独自で定義づけをした上で「アルバイト」と「パート」で業務内容や雇用条件を変えている求人が出てくるのです。

求人よっては曖昧だったり、まぎらわしい書き方をしているものもありますので、応募する際には、名称によって条件が異なるのかをしっかり確認しておきましょう。

学生=アルバイト、パート=主婦という「イメージ」がある理由

バイトで働いている人の中には「アルバイトは若い人や学生、フリーターが多く、パートは主婦で長く働いていて、責任のある仕事や立場を任されることが多い」と感じている人もたくさんいるでしょう。

これは現状、上で説明したような、企業が募集している独自の定義づけの「アルバイト」「パート」の求人にはどんなものが多いのか、というところに関係しています。

というのは、企業の募集時に「アルバイト」はフリーターや学生を対象としている求人が多く、スタッフは一定期間で辞めてしまうことを前提としている場合が多いことに対して、「パート」はクリーニング店やスーパーなど、その地域の地元に住んでいて長期で働く主婦を対象としている求人が多いからです。

その意味で「パート」で働く主婦の中には10年以上の間、継続して勤務している人も存在しており、多くの正社員よりも業務に精通していて、現場のアルバイト・パートを束ねるリーダー職を任されている人もたくさんいます。

こういった背景があるので、アルバイトは学生、パートは主婦というイメージが広く定着しているのです。

言い方ではなく仕事内容・条件を確認して求人を選ぼう

これまで説明したように、法律的には違いのないアルバイトとパート。あとは企業がどういう定義で求人を募集しているかということなので、名前の違いだけにとらわれることなく、実際の業務内容や勤務期間、雇用条件などの具体的な中身で応募先を選ぶことがより重要になってきます。

特に、アルバイトとパートの両方の名称を記載して求人募集している企業の場合、勤務時間帯や給与、業務内容が細かいところで異なっている場合も多いので、自分はどちらを希望するのかということをよく確認してから応募しましょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ