アルバイトで賃貸契約の審査を通るためには?

アルバイトで賃貸契約の審査を通るためには?

連帯保証人がいればOK

アルバイトでも賃貸契約を結びたい、という場合は連帯保証人が必要になる物件がほとんどです。

親や兄弟などの連帯保証人がいれば、アルバイトだからと言って契約できない、ということはまずないでしょう。

しかしアルバイトの業種によっては大家さんの考え方によって、賃貸契約が結べない場合もあります。例えば、風俗業や、深夜のバイトでは夜間の出入りを気にする住宅街などであれば、断られる場合もあります。

契約と言うよりは物件の、オーナーの考え方によりけりなので、物件を探す際に「アルバイトをしていて業種は 〜️ ️です」、などときちんと不動産屋さんに伝えましょう。

また連帯保証人がいるけれど友人の場合は、部屋を探す際にあらかじめ不動産屋さんに伝えることが大切。連帯保証人は必ず身内でないと契約できない、という物件もあるからです。

保証会社を利用する

両親や兄弟には連帯保証人が頼みづらい、身寄りがないといった場合には保証会社を活用するという方法もあります。

保証会社というのは、賃貸借契約を結ぶにあたって、親などの連帯保証人に代わって、第三者が連帯保証人となるサービスを提供している会社です。連帯保証人になる代わりに、契約者から手数料をもらい、それを収入としているということです。

手数料は保証会社によって様々で、家賃の何割、固定で○○円、というようなパターンが多いです。不動産屋さんに相談すれば紹介してくれることが多いので、事情を話して聞いてみるのもおすすめです。

また、場合によっては連帯保証人に加えて保証会社との契約が必要な場合もあるので、借りたい物件を取り扱っている不動産屋さんによく確認しましょう。

審査基準は家賃滞納などの前歴がないか

賃貸契約の審査基準は、以前どこかで家賃を滞納したことがある、と言う場合は審査に通りにくいと思っていいでしょう。

最近は保証協会や保証会社を通して賃貸契約を結ぶことが多く、個人情報としても信用問題に関わる情報の提供は、機関内では一般化しています。

特に以前家賃滞納した時と同じ会社を通さなければいけない場合は、契約者の名前を変えなければ契約を結べない、ということもあります。家賃の滞納が続いてしまい、保証会社の履歴に載ってしまっている場合は、どうしようもありません。

家賃の滞納があった場合も、連帯保証人がしっかりしていれば契約を結ぶことも可能です。

審査基準に引っかからないためにも、普段から家賃滞納は避け、連帯保証人に親や身内、バイト先などがなってくれるような関係を保つことがベストです。

親身になってくれる不動産屋さんを探す

賃貸契約には基本的に、勤務年数、収入などが重要になります。

学生の場合は親が物件を借りたり、連帯保証人になってくれるので、さほど収入がなくても問題ありません。

しかしフリーターなどの場合や連帯保証人が誰もいないという場合は、契約が難しくなることもあるでしょう。

不動産屋さんと仲良くなったからといって、善意で物件を貸してくれると言う事はありません。ですが、あらかじめ自分の情報を伝えておき、連帯保証人がいなくても、借りられそうな物件を探してもらうのも、オススメです。

アルバイトだからといって悪いことをしているわけではないので、基本的には契約できない、ということはありません。アルバイトでも、賃貸契約が可能かは、物件によって変わるといっていいでしょう。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ