アルバイトは何歳からできる?その他〇〇のバイトは何歳から?

アルバイトは何歳からできる?その他〇〇のバイトは何歳から?

「高校生になったらアルバイトができる」ということを知っている人はとても多いでしょう。ただ、アルバイトを始めるなら、労働時間から労働禁止事項など、知っておきたい規則が法律で定められています。

ここでは、「15歳の高校生はアルバイトできるの?」「18歳になったら仕事の幅が増えるの?」といったみなさんの気になる疑問にお答えします!

15歳になって最初の3月31日を過ぎてから

高校に入学したものの、16歳の誕生日はまだまだ先で、今はまだ15歳。だけどアルバイトってできるの?という心配する方もいるでしょう。

労働基準法によって、児童の勤務は以下のように定められています(第56条1項)。

「使用者は、児童が満15歳に達した日以降の最初の3月31日が終了するまで、

 使用してはならない」

言い換えると、15歳の誕生日を迎えてから最初の3月31日がくるまでは働くことができないということです。

つまり、中学を卒業してもすぐにバイトは出来ませんが、3月31日以降であれば高校入学前の春休みのうちからでもアルバイトを始めることができるのです。

よくコンビニやファーストフード店では、15歳以上を応募条件にしていることがありますが、この場合でも15歳の誕生日を迎えてから3月31日を過ぎていなければ働くことは出来ませんので注意してください。

但し高校生の場合は、学校によってアルバイト禁止などのルールが設けられていることがありますので、必ず学校の規則も確認するようにしましょう。

ただし、深夜バイトはできない

22:00~5:00の深夜時間帯は、労働基準法(第61条1項)により18歳未満は深夜のアルバイトができないと決まっています。

法律の観点から言えば、高校生でも18歳以上であれば深夜勤務が可能です。

しかし以下の点に注意が必要です。

学校で禁止されている場合

高校でアルバイトを許可としていても、深夜時間帯に働くことを不可としている学校もあります。まずは校則を確認してみましょう。

自治体で禁止されている場合

各自治体ごとに条例が定められており、その条例によって高校生の深夜バイトを禁止していることがあります。念のため、自分の住んでいる地域の条例を確認するようにしましょう。

深夜業NGなのは「18歳未満」であって「18歳以下」ではありません

『18歳未満』とは、17歳までを指し、『18歳以上』は、18歳を含みます。つまり、「18歳未満の方」というのは、18歳の誕生日を迎えていない17歳はNGですが、18歳はOKということになります。

〇〇のバイトは何歳から?

高校生のアルバイトは、労働基準法風俗営業法により職種に制限があります。

危険な仕事や、お酒を出す場での接待にあたるバイトは高校生を雇ってはいけないと法律で決まっています。すべてのバイトで高校生が働いてもいいというわけではなく、職種によってアルバイトを始められる年齢が異なります

それでは、具体的に職種別にどのアルバイトが何歳からスタートできるのか、高校生のバイト探しで知っておくべきことを紹介します。

居酒屋バイトは何歳から?

居酒屋といえば、「お酒を呑むところ」というイメージがあるので、高校生の方にはあまりなじみがないかもしれません。しかし15歳をむかえた3月31日以降なら、高校生も居酒屋でアルバイトすることは可能です。

駅前や商店街を歩けば、大手チェーン店から個人経営店までたくさんの居酒屋さんがありますよね。そういった居酒屋の中には、高校生歓迎のアルバイトも多くあります。仕事内容もファミレスなどの他の飲食店とさほど変わらないので心配いりません。ただ、居酒屋は遅くまで営業しているお店が多いですが、18歳未満の高校生は22時までの勤務と労働基準法で定められています。

パチンコ店でのバイトは何歳から?

パチンコ店は風俗営業法(風営法)に基づいて営業しているため、18歳未満の高校生のお店への出入りを禁止しています。そのため、アルバイトであっても18歳未満の高校生は入店することができません。

つまり18歳の誕生日を迎え、高校を卒業した3月31日以降からパチンコ店でのアルバイトが可能になります。

新聞配達のバイトは何歳から?

最初に労働基準法では、15歳になって3月31日をむかえるまでの人は働いてはいけないことになっていると説明しましたが、15歳未満でも特例として認められれば、バイトをすることが可能です。

特に、新聞配達の場合はどうしても働かざるをえない明確な理由があれば、許可が出る場合は多いです。

例えば親が病気などの事情で働けず、食事も満足に食べる事もできず、金銭的に追い詰められているといった理由です。この場合、親や労働基準監督署、所属する学校長に許可をもらえさえすれば、15歳でもアルバイトできます。

時給について気になるに方も多いと思いますが、中学生の新聞配達のお仕事の時給に安い傾向です。最低賃金に等しい場合がほとんどになります。

アルバイトを始めるときには、保護者とよく相談してから

子どもがバイト始めるとなると、「バイトばかりで勉強がおろそかにならないか」や「よくない仲間ができたりしないか」と心配する親も出てくるでしょう。

18歳未満の場合、アルバイトをするときは 「“何のため”に、アルバイトをするのか」、「学業とアルバイトの両立できるのかどうか」、「防犯やトラブル対策をどうするのか」という点について保護者とよく相談してから始めるようにしましょう。

最近では、保護者の同意書の提出を求める会社が多いです。

面接時にフリーフォーマットにて同意書を作成し、持参する場合や採用決定後、所定のフォーマット又はフリーフォーマットで作成し、出勤日に持参する場合があります。

詳しくは応募をする際に自分の年齢を告げて、いつ・どのようなものが必要かを確認しましょう。

規則やルールをきちんと守って、素敵なバイトライフを送ってください。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ