事務のパートの面接、服装は清潔感をアピールするものを着て臨もう‏

事務のパートの面接、服装は清潔感をアピールするものを着て臨もう‏

多くの場合、事務職は、女性が活躍している職場で募集されているケースが多いです。今回は、主に女性の方が事務職のバイト、パートに応募されるときの面接時の服装について、重要ポイントを解説します。

事務の面接は、リクルートスーツがおすすめ

事務のパートの面接を受ける際、応募先から普段着でも良いですよ、と言われても、できる限りスーツを着用して行きましょう。

一般的によく見かけるようなスーツを着用して行けば、先方 も制服を着た姿をイメージすることができますし、服装でマイナスイメージを持たれることはありません。

事務員の場合は、ひざ丈のスカートを着用している場合も多く見受けられますので、短くなければスカートスーツでも問題ありません。事務作業というのは裏方に思われがちですが、会社によっては来客時に見える位置で、事務を行うところも少なくありません。

来客する方々が、「目に余るな」と感じるような派手な服装、目立つ服装は面接時から避けたほうが無難です。どんな面接でも、事務系の面接で派手に着飾るのはタブーです。

礼儀がなく品格がないと思われてしまうよりは、質素にまとめつつ、清潔感を出せるような服装を選びましょう。事務といえど机に向かった作業ばかりではなく、来客時のお茶出しなども業務としてあり得ますので、目立たない格好ながらも、品のよさをこころがけて服装も選びましょう。

清潔感のあるインナーはシャツ。好感度アップを狙いましょう

スーツのインナーはさまざまです。カットソーもあれば白シャツ、柄シャツなどがあります。

清楚な感じを求められる事務作業では、やはり黒のリクルートスーツ×白シャツでの面接が定番となりますが、薄いストライプ柄やベージュなども悪くはありません。

カットソーでもよいのですが、シャツにしても、カットソーにしても、胸元の空き具合だけは事前にきちんと確認しておきましょう。胸元を強調して仕事をするわけでは無いので、いち事務員らしい服装を常に考えて、服装選びをして見ると良いでしょう。

パンツのラインは細すぎず、太過ぎずを考慮する

スーツにはさまざまな種類があります。1番の違いが出るのはラインです。あまり細すぎるとファッションスーツになりますし、太過ぎてもダボダボした感じで、だらしなく見えてしまうこともあります。ストレートやブーツカットといったラインもありますが、何を選べば良いのかわかりませんよね。

ラインでスーツを選ぶときは体のラインを強調せず、全体的にやや細身に見える程度の細身ストレートパンツがおすすめです。また号数が合っていても着用して見ると微妙に違和感が出やすいのもスーツの特徴です。黒スーツは面接や色々な行事で活躍する優れものです。

採用された後は仕事中、制服で働くことがほとんどですが、会社やお客様との会合なども 視野に入れておきましょう。事務作業用だけでなく、いざというときに私物スーツは1着で良いので、持っておいたほうが役に立ちます。なるべく試着をして自分に合ったスーツを持っておくのも、今後のためにオススメですよ。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ