女性はこの服装でバイトの面接に行けば、採用率アップ‏

女性はこの服装でバイトの面接に行けば、採用率アップ‏

服装の選択肢の多い女性のファッション。バイト、パートの面接では、どのような服装が良いのでしょうか。
今回は、派遣、テレフォンアポインター、事務・オフィスワークなど幅広いインドアの仕事の面接に対応できる、おすすめの服装を解説します。

スカートは膝丈で品良くまとめると好感度がアップ

スカートスーツの場合、ベストな長さは膝丈です。長すぎず、 短すぎずの良い按配のものがおすすめです。

背が高い人はどうしても丈が短く見えます。背が高い人だけではなく、近年では既製品でも膝上の長さが短すぎて、リクルートスーツというよりは、ファッションスーツよりの商品がよく回っています。

短いスカートはカジュアルさを引き出してしまいますから、面接には不適切な場合もあります。なるべく肌の露出が少ないスカートを選ぶと良いでしょう。

だからといって極端なロングも仕事には不適切になってくるので、膝が隠れる程度、もしくは膝の半分くらいまでの長さのものを選ぶと問題ありません。体のラインを強調しスタイルがよく見えるペンシルスカートも素敵ですが、面接では、あまり好ましいものではありません。

スタンダードな形にはなりますが、スカートを履くのであれば、好印象を与えやすいストレート型の膝丈をおすすめします。

パンツは細身ストレートが好感度アップに繋がる

パンツスーツの場合は細身でも構いません。ブーツカットやレギンス感のあるパンツは避けましょう。

スカートと同様で、体のラインを強調しすぎるものは、業務内によっては、好印象を与える服装ではありません。若干細身でストレートのパンツなら、スタイルもスタイリッシュに見えますし、品良くまとめることができます。このときシャツをインすることも忘れずに行いましょう。

ロングシャツが出ていると、普段はセンス良く着こなしているものも、面接では逆に、だらしなく見えてしまうことがあります。面接はノーマルスタイルを考慮して服装を選ぶようにすると、採用率がアップしますよ。

ストッキングは服装に合わせて肌の色よりワントーン上のものも用意しておくと安心

ストッキングは色選びが重要です。服装には案外このストッキングが要になっていることもあるのです。

とくに気にもしないで履いているけれど、明らかに白浮きしてしまう色のストッキングがありますよね。服装をどんなに好感度があがりそうなものにしても、スカートスーツの場合は特に、全体の感覚に違和感がでてしまいます。

面接を行う方の真横に座るわけではないので、遠目からのトータル的な雰囲気も重要です。顔部分の肌色より、ワントーン濃いめの色を選ぶと自然体にみえます。とはいえ元々が色白の人は逆に黒すぎると浮いてしまいますので注意してくださいね。

以上のように、女性の面接で採用率がアップする服装としては、膝丈スカートもしくは細身ストレートパンツで、ロングシャツではなく、ショートシャツでまとめる装いをおすすめします。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ