バイト先の上司と同僚の仲が悪い!そんな場合にできる対処法

バイト先の上司と同僚の仲が悪い!そんな場合にできる対処法

バイト先で、上司、同僚、後輩との人間関係で仲が悪い場合など、悩みを抱える人は少なくありません。

例えば、自分は上司と仲がいいのだけれど、同僚は上司のことが苦手、または上司が同僚のことをよく思っていないなど、板挟みになってどうしたらいいか対処に困る、というケースもありますよね。自分は上司、同僚どちらとも問題ない関係なのであれば、仲介役になって仲を取り持つことができやすいと言えます。

まず同僚に話を聞いてみる

自分が誰かと仲良くできないのなら、仲のいい人に相談したり、関係を改善するために仲の悪い相手とちゃんと話をしてみるなど、自分から気持ちを切り替えて動けば解決することもできますが、他人の気持ちを変えたり行動させたりするのはなかなか難しいものです。

かといって、放っておくのも問題。同じ空間で働く仲間同士の仲が悪いのは、自分にとっても決して気持ちのいいものではないでしょう。
まずは同僚に話を聞いてみて、なぜ仲が悪いのか、どういう問題や原因があるのかを整理してください。

仲が悪い原因を分析してそれとなく伝える

上司と同僚の仲が悪い、うまくいっていないのであれば、同僚から聞き出した情報とあわせ、自分から見てもなぜそうなっているのかを観察して、考えてみましょう。

上司の方が同僚を良く思っていないのなら、同僚がちゃんと働かない、言葉使いが悪い、などの理由があるかもしれません。同僚同士なら気にならないことも、上司には失礼になる言動や行動がありますから。

逆に、同僚が上司をよく思っていない場合に多いのは、上司が厳しすぎたり、ちゃんと仕事をしないで自分たちばかりに仕事をふるなど、納得できないことを言われる、されるから、というケース。上司だからといって、いつも正しいわけではないので、腹がたつこともありますよね。

このように、「もしかしたらこれが原因かも」というような行動、言動を見つけたら、それぞれにそれとなく伝えてみることをおすすめします。

あまりストレートに言うと逆に自分まで仲が悪くなってしまうかもしれませんから、上司なら「ちょっと気になったのですが、同僚の〜に指示するときに少し口調が厳しいような気がするのですが、もう少し優しく言ってあげてもらえたら本人ももっと頑張る気になると思います」など、謙虚に伝えることが大事です。

同僚なら「上司の〜さんと話すとき、時々タメ口になるから気をつけたほうがいいかもね」など、サラッと伝えるのがベター。

これ以上関係を悪化させないようフォローする

このように色々と手を尽くしても仲の悪さが改善されないようなら、せめてこれ以上仲が悪くならないようにフォローするのも一つの手。

どちらかが悪口や愚痴を言っていたら、「でも、〜さんはこんないいところもありますよ」など、言われている側の長所を分かってもらう、という方法もあります。

板挟みになるのは大変ですが、できるだけフォローしてあげましょう。

自分自身も上司とそりが合わないという状況であれば、こちらの記事も参考にしてください。
短期、単発でも可能なバイトで短い期間だけバイトするのであれば、人間関係もよほどのことがない限りはトラブルになりにくいものです。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ