バイトに落ちたら理由をダメ元で聞いてみろ!‏

バイトに落ちたら理由をダメ元で聞いてみろ!‏

不採用の理由は教えてくれないことがほとんど

バイトの面接に落ちてしまったら、誰でも理由が気になりますよね。

そんなときは、思いきって不採用の理由を電話などで問い合わせてみましょう。

しかし、不採用の理由を伝える義務は応募先には無い上に、個人情報保護の観点からも「電話での返答はいたしかねます」などと言われることがほとんど、と思ってください。

それでも、理由が聞きたいときは「今後の為に、どうしても落ちた理由を教えてくださいませんか」などと聞いてみましょう。

それでも、やはり簡単には教えてくれません。

ここまでくると、電話で理由を聞くことは困難ですし、応募先にも長時間、押し問答のようなことをしていては、迷惑がかかってしまいますよね。

どうしても知りたい場合、一旦、電話を切って、次は手紙方式に切り替えてみましょう。

「お電話で不採用の理由をお伺いした、○○と申します。何度も失礼致しますが、不採用の理由を今後の為に教えていただけないでしょうか。理由に対し改善できることではないかもしれませんが、もし自分で直せることであれば、御社に採用してもらえる人物になり、もう一度面接を受けさせて頂ければと思っています」などという内容で書面での返答を、希望してみるのも一つの手です。

その際、自分の住所と名前、切手を貼った返信用封筒を、同封するのがベスト。

とはいえ、それでも落ちた理由を教えてくれない場合は、諦めたほうが良いでしょう。

単純な理由なら教えてくれることもある

応募先によっては、不採用の理由をすぐに教えてくれることもあります。

大手チェーン店では難しいことですが、個人店に応募した場合は、不採用の理由は単純なことであれば、 教えてくれる場合もあるでしょう。

例えば「シフトにもっと入れる人がいたから」とか「生活圏内より遠いので、通勤に不便があるのではないかと思ったから」などと、人格否定にならない理由であれば応募先も言いやすい、というのが現状。

理由を教えてくれない=人としてダメ、というわけでは決してありませんが、シフトや交通の便などで採用になることもある、ということを覚えておきましょう。

思い切って理由を聞いてみたときに、理由を教えてくれなくても、ほとんどの場合、不採用の理由については教えてくれないのですから、極度に気にする必要は、まったくありませんよ。

理由は教えないとあらかじめ伝えてくるところもある

面接のときに、不採用の理由については一切お応えできません、などと聞いていた場合は、不採用なったからといって理由を聞くのは辞めておきましょう。

事前に不採用の理由は教えない、と言われているわけですから、社会人のマナーとして聞くべきではありませんよね。

採用の理由を聞いて良いのは、事前に、そういった注意事項を言われないときだけです。

不採用になった理由は、誰でも気になってしまいますが、聞くだけ聞いてみてダメだったら、理由を追求せずに、次こそは不採用にならないように、落ち着いた立ち振る舞いや、笑顔での受け答えなどを、心がけるようにしましょう。

書類選考ではなく面接後に不採用になった場合、理由はここにあるものが多いです。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

大量募集のバイトは、多くを採用することを目的としているので、そもそも不採用になる確率が他に比べて低い傾向にあります。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ