過去に落ちたバイトでも時間をおけばチャンスあり‏

過去に落ちたバイトでも時間をおけばチャンスあり‏

バイトの面接に1度は落ちてもチャンスはある

過去にバイトに応募して、落ちてしまった応募先でも、あきらめきれず、やっぱりもう一度チャレンジしてみまい、ということもあるでしょう。

不採用になった理由にもよりますが、ほとんどの応募先は、落ちた理由を教えてくれないので、理由が明らかにされていない場合、もしくは不採用の理由がクリアできる状態になったときに、もう一度応募してみることをおすすめします。

「1度は落ちたバイト先に面接にいったら、その時はもっと人手不足になっていて2回目で採用された」ということもあるでしょう。

また「ここに応募したのは2回目です」と伝えると「当時の担当者はやめてしまっているけど、熱意を感じました」などと言われ、逆に面接官から気に入られて、採用された、ということもあり得ます。

このように、1度は面接に落ちたからといって、必ずしも、2回目に落ちるとは限りません。

お店のシフトの要望合わなかったり、自分が働ける時間では、スタッフが足りていたら、当然不採用になってしまうこともあるでしょう。

しかし、時期によっては、応募先も人手不足になってしまう場合もよくありますから、タイミングがよければ採用されるかもしれません。

不採用から3ヶ月以上の間を開けるとベスト

同じバイト先に何度も応募しても問題はありませんが、1週間前に受けたバイト先をまた次の週に受ける、というのはNG。

さすがに1週間前と言うのは極論ではありますが、同じバイト先にもう一度応募する時は、最低でも3ヶ月程度、期間をあけてからするように心がけましょう。

というのは、3ヶ月ほど経つと、スタッフの入れ替わりや、そのときに担当した面接官の異動などがありえるからです。

特によくあるのが、新しく入ったバイトのスタッフが3か月以内に辞めていて、人手不足の状態になっているというケース。

採用されるかどうかは、応募したときのバイト先の状況にもよりますから、人手が足りているかどうかが、ほぼ決め手となる可能性が高いでしょう。

人手不足の時期に応募できれば、採用される確率がアップするでしょう。

過去に提出した履歴書を確認してみよう

採用になった応募先に提出した履歴書。書類選考で落ちてしまったら応募先によっては、履歴書を郵送で送り返してきます。

面接の前の書類選考で落ちるということは、履歴書の書き方が良くない、ということもあり得ます。

小さすぎる文字や大きすぎる文字はないか、乱筆になっていないか、空欄が多くないかなどを、改めてもう一度よくー確認してみましょう。

書類選考はなく直接応募する時にも、履歴書を持参して面接官に渡しますから、不採用になった履歴書を、徹底的に読み直すことをおすすめします。

履歴書の書き方や、面接の対応で問題があったとすると、また不採用になってしまうこともあるでしょう。

このような状況を避けるために、落ちた理由を自分なりに考えて改善し、あきらめずにチャレンジしてみましょう。

面接時のマナーについてはあらためてこちらもおさえておきましょう!

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ