バイトの面接を辞退する場合の断り方と理由

バイトの面接を辞退する場合の断り方と理由

応募後、面接前に取りやめたい場合

アルバイトの求人に応募して、面接の日を迎える前にやっぱり辞めたくなったというような場合は、なるべく早く、電話かメールで採用担当者に「申し訳ありません。面接を辞退させてください」と言いましょう。

辞退の気持ちが固まった時点で、できるだけ早く電話やメールをするのがマナーです。

この段階であれば、辞める理由は聞かれることは少ないです。

もし聞かれるようなら、「先に応募していた他のアルバイトが先に決まりました」「祖父の介護が必用になり、家を手伝わなくならなくなったので」「ケガをしてしまい、しばらくアルバイトをすることが難しくなりました」など、多少のウソがあったとしても角が立たない理由を挙げると良いでしょう。

同じバイト先にこれから先、再応募する可能性がゼロではありません。将来、同じ企業、お店、担当者に出会う可能性を考慮して、相手の感情を害して、トラブルにならないようにスムーズに辞退することが望ましい状況です。

面接後に応募をキャンセルしたい場合

アルバイトの面接を受けて、自分の思っていた仕事内容や職場ではなないことに気づくこともよくあります。

また、細かい待遇や雇用条件がマッチしないこともあるでしょう。

その場合は、それでもそのバイトをしたいかどうかを考えてみて、辞めておこうと思ったのであれば、できるだけ早く辞退の気持ちを伝えましょう。

面接後、当日に辞退する場合

面接当日、担当者とのやりとりの最後に「実際にお話を聞いてみて、思っていた仕事内容とは違っていたので、大変申し訳ありませんが、今回は応募を辞退させてください」と言っても構いません。

「思っていた仕事内容」とどう違うかを聞かれることもありますが、求人広告に書かれてあった内容と違っている、仕事内容のイメージ、想定や求められる能力に理解の違いがあった、などであれば正直に理由を答えても全く問題ありません。

面接後、採否が決まる前に辞退する場合

家に帰ってから考えることにした場合でも、遅くとも採用合否の連絡が来る前に、電話かメールで面接官か採用担当者に連絡しましょう。

もしも担当者が理不尽に怒ってきたら、「こんなアルバイトに採用されなくてよかった」と思ってやり過ごしましょう。

時間をとってもらった感謝と辞退して申し訳ないという気持ちは持とう

どの段階で辞退をしたくなったとしても、一度は応募した求人です。

相手の貴重な時間を使ってもらって面接を受けたということは忘れずに。時間をとって選考してもらったという感謝の気持ちと、自分の都合で断ることになって申し訳ないという気持ちは伝えましょう。

内定をもらった後の辞退については上記の記事を参考にしてください。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ