アパレルのバイトの面接で好印象を与える服装とは

アパレルのバイトの面接で好印象を与える服装とは

扱うブランドのジャンル・ラインナップを知っておこう

アパレルに応募するときは、応募先の企業がどんなブランドを扱っているのかを調べてみるといいでしょう。

アパレルとひとことでいっても、カジュアルなブランドからエレガントなブランドまで、さまざまですよね。シンプルで清楚感を出しつつ、個性を出してもいいのが、アパレルの面接。
応募先がどんな雰囲気のお店で、どのような服を扱っているかによって、面接の服装が変わってきます。応募先の雰囲気に合った服装で、面接を受けることが採用の決め手になります。

例えばカジュアルでシンプルなお店の面接へ行くときは、きれいめな普段着を着ていくのがおすすめ。ジーンズを主に扱っているお店なら、ジーンズで面接へいっても悪くはないのですが、パンツにもいろいろな種類がありますから、できれば黒やベージュなどの落ちついた色の、綿パンツなどを選びましょう。柄が入っているパンツは避けた方が無難です。

とはいってもアパレルの面接では、採用担当者の考えが反映されやすい場合が多いです。ですから、実際にはとても個性的な服装をしても採用されることがありますし、シンプルにリクルートスーツでも採用されることももちろんありあます。

しかしいくらアパレルの販売員の面接とはいっても、あまりに度が過ぎたような奇抜なスタイルで面接にいくのは、失礼になる場合もあります。シンプルな服装に小物を、上手に組み合わせて行くことが大切。エレガントなブランドを扱っている場合でも、ヒールが低めでバイカラーの靴など、センスを出しながらシンプルさを心がけるのがベターですね。

少し難しいかもしれませんが、面接にふさわしい服装を選び、その中で控えめにセンスを出していく、という感覚をもっておくといいでしょう。

アパレルの面接、基本はきれいめの普段着を着こなす

応募先の取り扱っているブランドが分からなかったり、いろいろなブランドをセレクトしているので、統一感がないお店などの場合、面接にどんな服装が適しているかを判断するのは難しいですよね。

そんなときは、きれいめの普段着でいくのが無難。白シャツに黒いパンツなどでも、小さな石のネックレスなどを付けるだけで、じゅうぶんセンスをだすことができます。

注意しなければ行けないのは露出。せっかくシンプルにまとめているのに、胸元が開きすぎたシャツなどを着ていくのはマイナスイメージにもなりかねません。シャツのボタンは必要以上に閉めすぎず、開けすぎず清楚感をを心がけるといいでしょう。

帽子はアパレルの面接でもNG

面接に帽子やスカーフを着用していくのは、礼儀として避けたほうがいいでしょう。髪が長い人は、はっきり顔が見えるように、結んでいくことがおすすめ。

ピアスは小さなものであれば、つけていっても構わないでしょう。シンプルで清楚感を損なわず、ワンポイントでセンスを出すような服装が好印象をもたれることが多いのがアパレルの面接。

アパレルの面接では好きなブランドや、普段はどんな服装をしているのかなど、質問されることもありますから、当日返答に困らないように、事前に自分の好きなブランドや普段の着こなしを確認しておくといいでしょう。

こちらも:服装自由のバイトでも、面接はジーンズなどラフ服装はNGの場合も
面接が決まったタイミングで、ジーンズやピアス、ひげやネイルがOKなのかを確認しておくと確実ですね。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ