理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

パートの応募先への電話に緊張するあなたへ。ドキドキを和らげる方法

パートの応募先への電話に緊張するあなたへ。ドキドキを和らげる方法

パートの応募先への電話に緊張してしまう…。ためらっているうちに締め切られていた…。緊張しやすい人はそういった経験をしている方も多いのではないでしょうか。
もともとの緊張しやすいことに加えて、さらに今、仕事のブランクが長いことや家事と両立できるかなどで不安になったり、人間関係や仕事内容のことを考えて心配になったりなど、あれこれ頭の中で考えていることで、よけいに緊張を高めてしまっているのが原因かもしれません。これから、応募したいパートにすぐ電話できるように、緊張を和らげる方法をご紹介しましょう。

緊張やドキドキを和らげるリラックス方法

緊張してドキドキがとまらないことは、誰にでもありますよね。緊張すると「手や声の震えがとまらない」といった症状が出てきて、ますます焦ってしまう場合もあります。

そんなときに手軽にできる緊張やドキドキを和らげる方法を知っていれば、電話をかけることにも自信が持てるようになるでしょう。

緊張するのは当たり前だと考える

緊張していることが相手にばれるのが恥ずかしい…。早く落ち着かないといけない…。そう思うと余計に緊張してしまいます。そうではなくて「誰だって緊張するもの」「緊張するのは当たり前」「他の人だって緊張する」というように考えるようにしましょう。

緊張することを隠すことは逆効果です。むしろ「今、緊張しているなぁ」と自分の状態を声に出してしまった方がいいのです。ありのままの自分を受け入れていくことで緊張が少しは和らいでいくと思います。

イメージトレーニングでメンタル強化

緊張に役立つ準備としてイメージトレーニングがあります。今から自分がやろうとする行動を頭の中で具体的にイメージします。注意点としてマイナスのことや過去のことではなく、今から起きることをポジティブなイメージで想像するのです。必ず成功しているシーンを想像してみましょう。良いイメージを想像する事で、自信がつき緊張を和らげる事が出来ます。

例えば、軽く目を閉じて、自分がこれから電話を持って話すイメージを持ちます。笑顔で、大きく口を開けて会話をし、うなずきながらメモを取る様子を浮かべましょう。

腹式呼吸でリラックス効果

普段の生活の中で呼吸を意識することは少ないと思いますが、人はストレスを感じていると、胸式呼吸で呼吸が浅くなっていることが多いのです。緊張していたりストレスを感じたら腹式呼吸で呼吸に意識を向けてみましょう。深い呼吸でゆっくり吸いこむことで、副交感神経が刺激されリラックスすることができます。

腹式呼吸をするときのポイントは、お腹のふくらみやへこみを意識して呼吸することです。鼻から息を深く吸って(お腹はふくらみます)、口から一気に吐き出します(お腹はへこみます)。また息を鼻から吸い、6秒ほど息を止めて、口から一気に吐き出します。深い呼吸をすることで、少しずつストレスと不安感が軽減されていきます。

話すことをメモに書いておく

緊張すると話す言葉がうまく出てこないことがあります。緊張した状態で話すと、話の整理ができていなかったり、聞きたかった事が漏れたり、相手に良い印象が残す事ができません。電話を書ける前に、聞きたいことや流れを箇条書きにしてみましょう。メモを書くことで頭が整理され、電話をするときにメモを見ながら話をすると、落ち着いて話ができます。

電話をかける練習をする

先ほど書いたメモを見ながら、電話のかけ方の流れや質問をする練習をします。どこかつまりがある場合はそこを繰り返し練習をしてみましょう。練習後に電話をすれば、スムーズさが違うでしょうし、落ち着いて話すことができるでしょう。

電話をかけるときに心がけること

実際に対面で話しているような感じで話してみましょう。事前に考えた文章を読んでもかまいませんから、安心して電話をしてみましょう。

気遣いの挨拶で始めること

例えば、担当者へ取り次いでいただくときは、

「はじめまして。お忙しいところ失礼いたします。御社の求人の件でお電話いたしました○○と申します。ご担当の○○事業部の○○様をお願いいたします。」

と、元気な声で気遣いの出だしがいえれば、相手にもスムーズに用件が伝わります。

ゆっくり、はっきり、明るく話すこと

例えば、取り次いでいただいた担当者が出た場合は、最初と同様に、

「はじめまして。お忙しいところ失礼いたします。御社の求人の件でお電話いたしました○○と申します。」

で始め、続いて

「御社で募集されている○○の職種に応募したいのですが、まだ応募は可能でしょうか。」

などの質問を続けます。

このとき、あせらずにゆっくり、はっきり、事前に書いた文章を自分で確認するように読んでいきます。声のトーンは、いつもの話声より少し高くすると、明るい印象に聞こえます。

人が目の前にいるように、相づちやお辞儀をすること

回答を聞きながら、実際に目の前の人と話しているときと同様に、相づちやお辞儀などのリアクションをとると、心が伝わるものです。内容は、復唱をしながらメモをとると、後の再確認にも役立ちます。

分からなかったときは聞き直す

もし電話で話していて、分からないことや聞き取りにくい所があったら聞き直しましょう。「聞き返すと失礼かな」、「何度も聞くとしつこいかな」と考えて曖昧なまま終わらせるのが一番よくありません。分からなことは何度も聞くようにしましょう。しつこく聞くぐらいでちょうどいいのです。しっかり確認する姿勢は評価されますので、心配せず聞いていきましょう。

まとめ

緊張する事は、けして悪いことではありません。でも大事な場面で緊張をしてしまうと、本来の自分が出せなくなってしまいます。そんな時にすぐできるリラックス方法やドキドキを和らげる方法を実践すれば、自信をもって電話できるでしょう。

せっかくパートに応募しようとする電話の段階で、チャンスを逃してしまうのはもったいないですから、少しでも落ち着く方法を自分なりに試していきましょう。

主婦歓迎のパートであれば、同じ立場の主婦が働いている事が多く、働きやすい職場が多いでしょう。

↓マイベストジョブはどの求人でも必ずお祝い金がもらえます↓

パートするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているお仕事があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、パートに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐパート求人を探す

    TOPに戻る