ネイルOKなバイトはアパレルや事務職が多い?‏

ネイルOKなバイトはアパレルや事務職が多い?‏

飲食店でもOKのお店が増えている

これまでだと、清潔さという観点からネイルはNGが多かった飲食店ですが、最近では、カフェや居酒屋のバイトでも、ジェルネイルのシンプルな色やデザインであればOK、というお店も多いです。

とは言えネイルには賛否両論があり、食品を扱うお店ではお店側が良くても、気にするお客様に不快感を与えてしまう、という可能性もないわけではありません。

薄いピンクなど健康的な爪として印象を与えるようなジェルネイルであれば問題ないと思いますが、カラフルなデザインのものや、ストーンがちりばめられてキラキラしているネイルはNGと思っていいでしょう。

飲食店でネイルOKとなっていても、なるべくネイルをせず、どうしてもしたいときは、ネイルのお店にでも相談をして、清潔感のあるジェルネイルを選びましょう。スカルプなど長い爪は控えた方がベターです。

一方で、客層のグレードが高い専門料理店やホテル、旅館内のレストランなどではネイルは禁止の場合がほとんどと思ってよいでしょう。

アパレル販売では問題のないことが多い

アパレルのアルバイトでは、店員のファッションセンスもお客様からすると大事なポイントなので、逆にネイルをしていたほうが良い場合もあります。

ショップが販売している、服のブランドやテイストにもよりますが、ギャル系の服などを扱っているショップでバイトをするなら、ほとんどの場合ネイルOKと思っていいでしょう。

なぜなら、スタッフ全員がカリスマ的な要素を持っていたほうが良いため、個性的なネイルや着こなしが必要とされる職種だからです。ギャル系ではなくても、ネイル販売をしている美容部員などの仕事であれば、自社の取り扱い商品であれば許可されるという場合もよくあります。

直接の接客をしない仕事はOKのところが多い

テレフォンアポインター、経理など、直接お客様と接することのない仕事であれば、派手なネイルを嫌がられることはありません。

しかしオフィス勤務のテレフォンアポインターの場合は、身だしなみをシンプルにと指導している会社もあるので注意が必要です。程度の問題は、周囲の同僚がどういう身だしなみで出社しているのかということも見ておくことをおすすめします。

また、まだまだネイルはNGというお店のほうが多いのが現状ですから、どうしてもネイルをしてバイトをしたい、という場合は、バイト募集の備考欄に「ネイルOK」と記載されているかどうかをよく確認し、採用された後も、どの程度のネイルのデザインであれば問題ないのかなど、上司や先輩スタッフにきちんと聞いておくように心がけることが大切です。

ネイルOKのアルバイトを探す ≪お祝い金付き≫

都道府県を選択してください。
ネイルOKの求人を検索できます。

全国のネイルOKから探す

マイベストジョブは、お祝い金がもらえる求人サイトです。アルバイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

このページのトップへ