電話対応やコールセンターのバイトは実際どんな仕事?

電話対応やコールセンターのバイトは実際どんな仕事?

電話をメインで使う仕事は企業によって業務内容がさまざま

電話対応のバイトとはいっても、お問合せを受けたり要望やクレームを処理するサポートのコールセンター、お客様相談室、商品の説明、営業をするテレフォンアポインターなど、電話対応の内容は会社によってさまざまです。

そのため一概に楽しいのかきついのかは、バイト先や個人の感覚によって異なりますから、応募するときに、あらかじめどんな仕事内容なのかを、よく確認しておくことが大切です。

商品の説明をするテレフォンアポインターは、その商品のついて熟知する必要があります。会社によっては、研修期間なども設けられているでしょう。お客様相談室のコールセンターについても同様で、お客様から相談をうけるため商品の詳細を知っておかなければいけません。

コールセンター系のバイトは、電話対応の礼儀作法や商品の説明など、覚えなければいけないことがたくさんありますから、 ほとんどのコールセンターでは必ずといっていいほど、研修があります。この研修もきついと感じる人、楽しいと感じる人がいるのが現状です。

電話で話すときの礼儀作法がしっかりと身につくのがメリット

どんな仕事にも楽なものはありませんが、テレフォンアポインターで身に付くことは、相手に不愉快な思いをさせない話し方や、言葉の礼儀作法です。最初に研修を受けるときにも、この部分はどこの企業でも共通して重要視されています。

電話をかけた、もしくは受けた担当者の言葉遣いが悪かったりしたら、そのこと自体がクレームにつながりかねないので、どの企業も重視しているというわけです。

電話対応のマニュアルをしっかり覚えることによって、基本的な話し方や敬語の使い方を学ぶことができるでしょう。

アポインターのバイトでは、電話対応の礼儀作法がしっかりと身につくので、日常生活、就職活動の役にも立ちます。

テレアポは慣れもあるが断られるのが当たり前の世界

仕事の中には、完全出来高制のテレフォンアポインター、いわゆるテレアポの業務があります。この場合、電話で商品を売ったり、営業をするわけですから、マニュアルや商品知識を熟知していなければいけません。

お客様によっては突然、電話されるわけですから、怒鳴られたり嫌な対応をされる可能性もあります。慣れの問題もありますが、傷つきやすい人は完全出来高制のセールスアポインターは、業務的に、とてもきついかもしれません。

電話対応は相手の顔が見えない仕事ですから、逆に難しい接客業ともいえます。断られることが当たり前という世界なので、1件の電話の出来不出来を気にせず、どんどん次に進むことが大切です。

しかし商品が売れたり、契約をしてくれたり、お客様の中には快く話を聞いてくれる人もいます。そういう時にテレフォンアポインターとしての楽しさを見出すことが出来る人にとっては、やりがいのある素晴らしい仕事といえるでしょう。

自分の好きな商品やサービスを紹介する電話営業ならやりやすい

ひとくちにテレフォンアポインターの仕事といっても、企業によって様々な商品、サービスを展開していますので、自分に合った、興味のある企業の求人を探すのが良いでしょう。特に、自分が愛用している商品などで電話のお仕事があれば、おすすめのポイントも自分の経験をもとに話すことができるので、とてもやりやすくなりそうです。

しかし、過度なセールスをさせられたり、評判の悪い、苦情の多い商品を販売するアポインターを募集している企業もあります。

中には、企業によってはお客様をだますような悪徳業者もあるという情報もありますから、注意が必要です。応募する際も求人している会社の情報、商品の情報をしっかりと把握している求人サイトを利用しましょう。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ