アルバイトの「社会保険完備」の本当の意味を知ってますか?

アルバイトの「社会保険完備」の本当の意味を知ってますか?

社会保険には4種類あることを知っておこう

社会保険には雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険の4つの種類があります。

それぞれに細かな加入条件定められていて、働き出したからと言って、誰でもすぐに加入できるものではありません。

また会社自体が社会保険を完備していない場合は、個人で入ることはできないので、注意が必要。

応募するときに『社会保険完備』『各種保険完備』という文章があるかを、事前に確認しておくといいでしょう。この言葉があれば、上に挙げた4つの保険が全て加入できることになっている、という意味と考えて問題ありません。

ただし、一般的にこれらは長期で勤務する人を対象としているので、バイト先によって加入時期の設定が異なってきます。完備されているバイト先には、念のため採用されたときに「社会保険の加入を希望しています」と伝えておくのもいいかもしれません。

雇用保険と労災保険は失業と仕事中の病気についての保険

一般的には『失業保険』と呼ばれている雇用保険。

仕事を辞めたり、会社が倒産した場合に、一定の期間だけお金がもらえる、という保険制度です。しかし働かなくても、ずっとお金がもらえる、というわけではありません。雇用保険は、新しい仕事を探す間の生活の支えとして、一定期間のみ支給されるお金です。その間に仕事が見つからなくても、支給は終了するので気をつけておきましょう。

また会社をクビになったり、会社が倒産してしまったという場合含め、自分の意思でやめたとしても、雇用保険は支給されます。ただし自分の意思でやめたときは失業手当は少なくなる、ということも覚えておくといいでしょう。

労災保険は『労働者災害補償保険』の略語。全て会社側の負担が定められているものです。仕事中にケガや病気をしてしまった場合に、治療している間、休業した分の賃金を、補償してくれる保険制度です。

労災保険は、治療費の全額を補償してくれるだけでなく、万が一障害が残った時には『障害年金』が支給されます。また死亡してしまった場合には、遺族に対して『遺族年金』が支給されるので、加入条件を満たしていれば入ったほうがいい保険のひとつです。

健康保険と厚生年金の意味

仕事中は労災保険が適用されるので安心ですが、私生活で病気やケガをしたときに、治療費の補助をしてくれる保険制度が健康保険。

病気ケガをして、会社を休まなければならない、という状況で、一定期間賃金の一部を補償してくれます。また女性の場合は、出産の休暇の際、賃金の補償や一時金も支給する制度です。個人で加入する国民保険のような制度、と思っていいでしょう。

厚生年金保険は、高齢になったときに、国民年金に上乗せされて更に老齢年金がもらえる、という保険制度です。労災保険は「仕事中」の病気やケガによる障害・死亡に対して保障されますが、厚生年金保険は、仕事中以外起こってしまった、病気やケガに対しても保障があります。仕事中、私生活に限らず、病気や怪我の度合いによって障害年金・遺族年金が支給されることを知っておくといいでしょう。

保険の加入時期などはバイト先に確認を

この4つの保険には加入条件があり、全部に加入できる場合や一つだけしか入ることができない、という場合があります。社会保険の加入の詳細は、事前にバイト先によく聞くように心がけておきましょう。

例えば、週20時間未満の勤務は、労災保険だけが適用されますし、週20時間以上の勤務で30時間未満だと、雇用保険もプラスされます。
※法律により、企業は、定められた労働時間(所定労働時間)が1週間に20時間以上あり、なおかつ31日以上働く見込みがある雇用者を、雇用保険に加入させなくてはなりません。

このように自分の勤務の状況が法律上どうなっているのかで、保険が適用できるかどうかはかわってきます。

社会保険完備のバイト先であれば、いつ加入できるのか、加入条件は満たされているのかを聞いてみるのがベストです。

加入のメリット、条件を整理して解説しています。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ