フリーターが社会保険に加入できる条件は意外と厳しい?

フリーターが社会保険に加入できる条件は意外と厳しい?

社会保険に加入できるバイト先を探す

生活の保障のため、フリーターでも社会保険に加入できればいいのですが、社会保険が完備されているバイト先が少ないのも現実。

社会保険のかんたんな仕組みを知っておくと便利です。

社会保険には「雇用保険」、「健康保険」、「労災保険」、「厚生年金保険」の4つがあります。

加入条件として、雇用保険は週20時間以上の労働時間が必要。またバイト先からみて、一年以上の雇用の見込みがある、というのも条件のひとつです。

この2つの条件を満たすことができれば、『短時間労働、被保険者』という資格を持っていることになるので、雇用保険に加入できます。

健康保険の場合は、1週間の労働時間と1ヶ月の労働時間が、それぞれ正社員の4分の3以上という加入条件があります。個人で加入するには「国民健康保険」というものが多いのですが、国保よりも社会保険のほうが、税金の支払いが安い場合もあるのが、メリット。フリーターでも社会保険に加入できるバイト先を探すのが、おすすめです。

労災保険については、従業員がいる場合は加入が必須となっています。
参照⇒ 労災なんでもQ&A(公益財団法人 労災保険情報センターホームページ)

厚生年金保険は1か月間の所定の労働日数が、同じ期間の一般社員のおおむね4分の3以上である場合もしくは、1日又は1週の所定労働時間が一般社員のおおむね4分の3以上である場合を基準として加入となります。自分がどちらにあてはまるのか、あるいはあてはまらないのかで加入が決まりますので、勤務先と相談、確認することをおすすめします。

会社にとっては雇用コストが高くなる社会保険

どんなに条件を満たしていても、会社側が加入をしてくれない、という場合もあります。

なぜかというと、社会保険料というのは、個人と会社が折半(お互い半分ずつ負担)するものだからです。『労使折半』呼ばれています。小規模の会社はとくに、社会保険に加入させられない事情もあります。

社会保険料が折半ということになれば給料と別に、どうしても雇用のコストが上がってしまいますよね。フリーターの社会保険がなかなか進まないことが多い理由は、雇用コスト、人件費の問題がある、といっていいでしょう。

応募するときには『社会保険あり』や『各種保険完備』と明記されている会社やお店では、加入できることほとんどですから、求人情報をみるときに、探してみるといいでしょう。

長期の勤務を予定している場合は社会保険を希望すること

長く努めよう、と考えているなら面接のときに『長期の勤務を希望していますので、社会保険に加入させて頂けると助かります』などと、加入したいという意思を伝えておくことが大切。

ほとんどの会社では、1年程度働いてから申請をしてくれるところが多いようです。

勤めて間もない、という人にまで社会保険に加入させてしまうと、いつやめられるかわかないので、会社側にとっても慎重に加入の検討おこないます。

どちらにしろ面接時や、採用されたときに希望しておくといいでしょう、

また株式上場している会社や系列店、公的機関でのバイトは、各種保険が完備されているところが、ほとんどです。半年以上、無断欠勤や遅刻がなければ、会社側も社会保険の加入をスムーズにしてくれるでしょう。

単に金銭的な条件だけでなく、メリットも考慮することが大切です。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ