アルバイトの社会保険料、見逃せない意外と高い負担額

アルバイトの社会保険料、見逃せない意外と高い負担額

種類はさまざまだが負担割合は一定

社会保険、と一言でいっても、種類はさまざまです。

労災保険、厚生年金、健康保険、雇用保険などを、一般的にはまとめて「社会保険」と呼んでいます。学生で親の扶養に入っている場合を除き、特定の条件を満たすことで社会保険や、国民保険に加入します。

バイト先が負担する社会保険額は半分。残り半分は、自己負担です。

例えば社会保険料が40,000円だった場合の自己負担額は、おおよそ20,000円となります。社会保険料は所得によって変わってきますので、具体的にいくら負担しているのかは人それぞれになります。

そのため、実際の負担額を知るためには、給与明細をよく確認しておくことが大切です。また労災保険は、会社が全額負担となります。

しかし社会保険は、労働時間の規定が定められているため、アルバイトをしていれば全員が入れるのではありません。加入については会社側とよく話し合う必要があります。

応募するときに社会保険完備、とある場合は労災保険がセットになっていることがあります。とは言えすぐに加入できるとは限らず、会社規定の日数を勤務した後に、初めて加入ができる、というケースも多いのが現状。

バイト先からしてもすぐに辞められてしまうと、余計な手間だけがかかってしまいますから、社会保険の待遇については、勤務状況を確認して、条件を満たしていれば後に加入させる、という会社がほとんどです。

しかし現場作業など、危険がともなう仕事に関しては、アルバイトでもすぐに労災保険のみ、加入させてくれるところもあります。

親や配偶者の扶養下にあれば加入すると負担増加になることも

しかしアルバイトの場合は、正社員扱いではないため、必ずしも社会保険に加入しなければならない、ということはありません。社会保険よりも、親の扶養で国民保険のほうが良い場合もあります。

社会保険の加入条件としては、月に約120時間以上の勤務、1週間に約30時間の勤務以上の場合ですから、バイトの勤務時間をうまく調整してみると良いかもしれません。

労災保険や雇用保険は入っていたほうが安心

社会保険、厚生年金と異なり、アルバイトでも加入できる社会保険として、労災保険や雇用保険があります。

労災保険は、仕事中に万が一事故にあった場合などにも必要。雇用保険は失業保険とも呼ばれ、会社が倒産したり、バイトを辞めた後、一定の期間給与の一部保証をしてくれる保険です。

ほとんどの会社が、労災保険や雇用保険を全額負担してくれますが、絶対に負担しなければいけないというわけではないので、会社によっては、社会保険と同じで自己負担額が発生する場合もあります。

しかし労災保険や雇用保険は、バイト中の思わぬ事故や、バイトを辞めた後にも活用されますから、入っているほうが良いでしょう。

バイト先が社会保険に加入してくれる場合もありますので、「完備」の意味をあらためて知っておきましょう。
社保完備というバイト先であれば、必要なものは全て加入してもらえますので、ややこしいことを考える必要がなくなります。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ