バイト初出勤の日!初バイトを成功させるための必勝マナー

バイト初出社の日!初バイトを成功させるための必勝マナー

採用が決まり、出勤日も決まった。いよいよ明日はバイト初日…どんなことに気を付ければ良いでしょうか?
ポイントを解説します。

  • ・勤務先の入り方を確認して、勤務開始時間の少し前に到着するように
  • ・先輩やお世話になる人に挨拶をしましょう
  • ・仕事に関するメモを書くため、ペンやメモ帳、ノートなどの筆記用具も持っていっておきましょう
  • ・派手になりすぎず、動きやすい服装で

はじめてアルバイト先へ出社する時のマナー

飲食店などのお店には、お客様が利用するエントランスとは別に、従業員用の出入口があるところも多いです。初出勤の日に、どこから中に入ったらいいかは、予め確認するようにしておきましょう。お客様と一緒のように、堂々と正面エントランスから入るのはNGとされているところもあります。今日からスタッフとして働くわけですから、きちんとした心得を持っておくことが大切です。

大きなビルの場合は入館手続きが必要なケースもあり、実際の勤務時間よりも、少し早めに現地に到着しておいた方が良いかも。初日は道に迷ったり、ビルへの入り方に迷ったりする可能性もあるので、指定時間より余裕を持って行動しましょう。ただし、逆にあまりに早く着きすぎると先輩や上司も準備しておらず、迷惑かもしれないので、指定時間の15分前を目安に考えておくのがいいでしょう。

なお勤務時間の始業時間とは、“働き始める時間”というのが常識。始業時間が17時だからといって、17時ちょうどに到着してはいけません。制服に着替える必要などがあれば、着替え終わって“働けるスタンバイ”が、17時ちょっと前にはできているようにしましょう。

自ら進んで、元気の良い挨拶を

アルバイト先では、自分から進んで挨拶をするようにしましょう。「今日からアルバイトをすることになりました○○です。よろしくお願いします」と、自己紹介を笑顔でします。周りの先輩スタッフは、これからお世話になる人ばかり。積極的に挨拶ができる人は、先輩スタッフからも好印象間違いなしかと思います。

ただし、先輩が接客中や忙しそうな時は、無理に挨拶はしないように。相手が話ができるタイミングを見て、声をかけるようにしましょう。
なお朝礼などで、みんなの前で自己紹介をするという機会も。ガチガチにかしこまらなくてもいいですが、タメ口で話をしたり、不満そうな態度で話したりはNG。自己紹介は、明るく元気に簡潔にするのが基本です。

自己紹介は、「年齢・住んでいるエリア・趣味」などを言うことができればOK。他のアルバイトスタッフも同世代が多い場合は、自己紹介の時に「自分のニックネーム」もあわせてアピールできれば、職場でスムーズにアルバイトスタッフ達と打ち解けられそうですね。

他に気を付けること(持ち物、服装など)

持ち物としては、ペンやノートといった筆記用具。職場でルールなどを教えてもらうので、いつでもメモが取れる準備をしておきます。なおアルバイト中は、携帯電話はカバンの中にしまっておくのがマナーとしては大切なこと。勤務中に携帯電話で、メールを打ったりしてはいけません。

また服装は指示がないのであれば、あまり派手にならないように気をつけて。面接の時と同じく、清潔感のあるファッションが鉄則。仕事によっては、立ったり屈んだりと動くことも多いので、動きやすい服装がオススメ。靴は足が疲れないように、履きなれたものに。

なおミニスカートやノースリーブなど、露出のある服装はNG。飲食のアルバイトの場合、香水や長い爪、ネイルなどを禁止されているところもあります。髪の色などは、どこまでなら許されるのかは、先輩やリーダー、社員の人に聞いてみた方がよいでしょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ