にじいろ保育園のバイト・求人を徹底調査!どんな園?面接や仕事内容など

バイトで髪色怒られた!飲食店やカフェで派手髪がダメな理由

バイトで髪色怒られた!飲食店やカフェで派手髪がダメな理由

バイト先で髪色について怒られた、注意されたという人も多いのではないでしょうか。レストランやカフェなどの飲食店に限らず接客業では髪色、髪型、ネイル、ピアスなど身だしなみについては厳しいお店が多いです。制服や帽子がある場合、隠れるから金髪などの派手髪でも問題ないのでは?と思うかも知れませんよね。ではどうして髪色には制限があるところが多いのでしょう。バイトの髪色事情について解説します。

飲食店・接客業で髪色が自由でない理由

仕事の種類にもよりますが、飲食店や接客業で毛染め、カラーリングがNGな企業・お店は

Check!

1.人と接する
2.幅広い年齢層のお客様が来店する
3.食品を扱う
4.ブランドイメージを大事にする

のいずれか一つは当てはまる仕事です。

1.人と接する

接客業など人と接する仕事では清潔感が重要です。身だしなみをしっかり整えておくことで印象が悪くならないように求められます。

2.幅広い年齢層のお客様が来店する

小さな子どもからお年寄りまでお客さんとして来店するようなお店では、どんな人から見ても不快な印象を持たれないような見た目を求められます。

3.食品を扱う

食品を扱う仕事では特に衛生面もあり、清潔感が厳しく求められます。

4.ブランドイメージを大事にする

大手企業や、ブランドイメージを重要視しているお店では、お客さんや同業他社、取引先などからもどう見られるかが大事で、イメージを損なうような身だしなみはNGとされます。大手企業以外でも官公庁や、警察、航空業界や鉄道関係などの公共機関などでもイメージは重要視されます。

人から見てどう思われるかが重要

人から見てどう思われるか
すべてに共通していることは「人から見てどう思われるか」です。特に自分以外の世代、お年寄りや年配の方では今の若い世代よりも、身だしなみについては厳しい人が多いです。お年寄りの場合、髪の毛を染めている事自体を良くない事だと思っている方もいます。小さな子供の場合だと、赤色の髪色や青、緑、銀色などあまり見ない色の派手髪をしているとびっくりしてしまうかもしれません。

そうなると、お店にお客さんが来なくなってしまう可能性もあるので、お店側としては一定の基準を設けているのです。

清潔感や身だしなみについては個々で受ける印象が大きく違うものですので、どの世代の人にも不快にならないようにするため、厳しめのルールを設けていることが多いです。

お店側がスタッフに髪色や身だしなみを守らせる事は、お客さんに対して「規律を守っていますよ」という意思表示です。飲食店であれば「衛生面でしっかり規律を守っていますよ」とアピールしているのです。

お客さんと接しない仕事でも髪色自由でない理由は?

オフィスワークなど直接お客さんと接しない仕事でもまだまだ髪色自由でないところが多いです。この場合は、職場の規律を設けるためにルールがあります。オフィス内にもいろいろな年代の人がいますし、なかには全然話すことのない人もいます。そういった人たちとも一緒に働くのでルールを設けている場合が多いです。

また、会社に出入りするとなると近隣で働く人たちからの印象も重要とする会社もあります。

最近では内勤の場合、比較的自由にする企業も増えてきており、昔よりは緩くはなってきていますが、身だしなみをきちっとすることが求められる企業が大半です。スーツや革靴を着ていく仕事場では髪色も厳しめのところは多いです。

ターゲット層が若い世代だと緩め

お客さんがすべての世代をターゲットとしていると基準も厳しくなります。一方でターゲットが若い世代に絞られているお店や業種だとあまり厳しくしていないケースも多いです。

若い世代だけを対象としたアパレルショップや、下着屋、美容室、カフェ、メイド喫茶、タピオカ店・・・などではあまり髪の色は気にされません。髪色自由のところが多い傾向です。

また、接客をしないもしくは接客が少ない業種・職種、ティッシュ配り、工事関係、レンタルショップ、ガソリンスタンド、パチンコ店などは髪の色は規制が緩いです。

バイト先で髪色を怒られた・注意された場合は

髪色が明るすぎるなどバイト先で怒られた場合は、いつまでに黒くする(またはトーンを落とす)かをきちんと伝えて約束しましょう。お店・会社のルールがある場合はそれが最低限のマナーです。

怒られたもしくは、注意されているにも関わらず、何も理由も言わずに言われたことを無視してしまうと印象は悪くなり、最悪のケースでは解雇されてしまうことも考えられます。明日までにというのは期間的にも無理なのでそこまでは求められないでしょうが、1週間後や2週間後、来月までになど期限を伝えてそれまでに対処する意思を示しましょう。

店長や上司から言われた期限には難しい場合も同様に、その期限では難しいので「〇〇までに染めてきます」と伝えましょう。

どうしても黒くすることが嫌な場合は、「黒くしたくないのでやめます」というのもありですが、バイトを続けたい場合はしっかり意思を伝えるだけでも全然印象は違いますよ。

髪色自由のアルバイトを探す ≪お祝い金付き≫

都道府県を選択してください。
髪色自由の求人を検索できます。

全国の髪色自由から探す

マイベストジョブは、お祝い金がもらえる求人サイトです。アルバイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大3万円。

このページのトップへ