バーテンダーのアルバイトの評判は?女性でもOK?仕事内容は

バーテンダーのアルバイトの評判は?女性でもOK?‏

夜の勤務が多いが男女ともに多いバーテン

バーテンダーのアルバイトは、昼間ではなく夜間の勤務がほとんどです。

営業時間が深夜に及ぶこともあります。そのため女性よりも男性の方が、このアルバイトをしやすい傾向となっているのでしょう。

だからといって女性が働くのがダメ、というわけではありません。

夜間や深夜の勤務は男性の方が応募が多いということで、男性の方が多いイメージがついていますが、近年では女性のバーテンダーの方も増えてきています。

バーカウンターの中でスマートにカクテルを作る女性バーテンダーは、とても魅力的ですよね。プロのバーテンダーになるには、長い経験と研修が必要にはなりますが、まずはバイトから始めると、お酒の作り方だけではなく、接客や礼儀作法なども身につけることができます。

将来、正社員になりたい、独立して自分のお店を持ちたい、などと考えている場合は、まず働くお店をしっかりと検討して選ぶことが大切です。

バーテンダーといってもお店によって、雰囲気やお店のスタイルが異なります。

ホテルの最上階などにある高級志向なお店や、路地裏にある小さな店と、バーにもさまざまなスタイルがありますよね。

どんなお店に働くことになっても、この仕事はお酒を作る技術のほかに、礼儀作法も必要とされます。

覚えることは多いがお酒好きにはおすすめ

バーテンダーの仕事は、「お酒(カクテルなど)を作って提供する」「お客様から求められたら話し相手となる」「店内の清掃・開店準備・後片付け」「お酒の発注・在庫管理」といった業務が主なものとなります。

お店によっては、何百種類ものお酒を作って提供します。

未経験者の場合は、お客様からの注文を聞きながら、お酒の銘柄、カクテルの名前や作り方、ワインやシャンパンなどの特徴を、少しずつ覚えることから始めます。

お酒の銘柄だけでなく、例えばウイスキーのオーダーがあった場合、ロック、シングル、ダブルなどお酒の飲み方についても把握しておかなければいけません。

このようにバーテンダーになるには、いろいろな専門用語を覚える必要があり、はじめのうちはお客様の方が、お酒に詳しいこともよくあるでしょう。

バーテンダーの仕事は、未経験者がいきなりできる業務ではありませんが、アルバイトでも経験を積み重ねることによって、お酒に関する知識や接客術を身につけることもできることから、性別によらず、お酒が好きな人、カクテルに興味がある人にはぜひおすすめのアルバイトといっていいでしょう。

細やかで行き届いた接客が喜ばれる

バーテンダーの仕事は単純作業ではありません。お客様においしいお酒と、くつろげる空間を提供する仕事です。

お酒についての技術と知識、細やかな気遣いができる接客力が必要とされます。

接客力に関しては、女性ならではの気配りなどが、女性バーテンダーが人気の理由の1つなのかもしれませんね。

性別に関係なくバーテンダーのバイトはできますが、行き届いた接客を求められる仕事です。未経験者は、アルバイトを始めた時、お酒をいきなり作ってお客様に出すことは、ほとんどないと言っていいでしょう。

しかし、オーダーを受けるだけでも、少しずつお酒の銘柄や、常連さんの注文を覚えることができるので、この職種のアルバイトではあせらずしっかりと、業務内容を覚えていくことが大切です。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ