バイトのWEB応募と電話応募、採用されやすいのはどちら?

バイトのWEB応募と電話応募、採用されやすいのはどちら?

電話応募は確実で早いがハードルが高く担当がいないときもある

ネットでボタンをタップして応募するよりも、電話をかけて応募をするとなると、緊張してしまう、という人も多いのではないでしょうか。

確かに直接電話で話をする場合は、電話をかける時間帯や言葉使いなど、色んな面で気を使います。

実際、応募先はかかってきた電話での受け答え方で、「しっかり敬語が使える」「明るい感じの人」などの印象をチェックする場合もあるかもしれません。

電話で応募する時には、まずはっきりと大きな声で話すように心がけましょう。

そして、丁寧な言葉使いをすること。敬語はよく分からない、という人でも、失礼のないように話そう、と思って話せば気持ちは伝わるものです。

電話であれば、このように自分の雰囲気ややる気などを、なんとなく先方に伝えることができます。

またWEBのように、応募したものの今どうなってるのかよくわからない、という状況にはなりませんから「ちゃんと応募できてるかな」「連絡がこないけど落ちたのかな」などと余計な心配をしなくても良いというメリットも大きいです。

一方、電話する時間帯やタイミングによっては、担当者がいないこともあります。電話対応の受付時間が書いてあれば、それにしたがって電話するようにしましょう。

WEB応募は気楽に応募できるがエラーや連絡に気づけないこともある

最近では、WEB上からバイトに応募できることがほとんどです。

パソコンやスマートフォンから、クリックひとつで応募できる手軽な方法なので、利用したことがある人も多いでしょう。

WEB応募は「今すぐ応募」などのボタンを押して、先方が求める必要事項を記入さえすればよいので、気楽に応募できるのが嬉しいポイントです。

ただ、WEBで応募した場合に気を付けたいこともあります。

それは、何らかの手違いで自分がパソコンやスマートフォンでの応募を完了させていなかったり、先方が応募を受信できていない、あるいは見落としていたりする場合があるということ。

また、先方が連絡してくれているのに、迷惑メールの設定などでメールが受信できていない、電話をくれているのに知らない番号だから出なかった、という場合もあるかもしれません。

もしもWEBで応募したのに3日以上連絡がこない、という状況なら、できれば一度電話で連絡した方がベターです。

選考が進みやすい電話がおすすめ

WEBと電話での応募を比べてみると、先方にしてみれば、電話で話ができるほうが相手の雰囲気を分かりやすいですし、うまく話せれば好印象を与えることもでき、選考も早く進められるので、電話のほうが採用されやすくなると言えます。

電話が苦手であったとしても、WEBに比べて少なくとも選考スピードは速くなるので、連絡を待って不安になるということはなくなります。

自分にとっても、言葉使いなどを考えながら電話で応募するという経験は、あとあと勉強になることもあるはずです。

もしうまく話せなかったとしても、やる気を伝えることができれば先方も「採用してみよう」と思うかもしれません。

かといって、WEBで応募を受け付けている企業は、対応できる仕組みを整えていたり、最近ではすぐに連絡をくれるところも多いので、WEB応募しか受け付けていないところにはWEB応募でまったく問題ありません。

ただ、もしWEBで応募してもしばらく返信や連絡がない場合は、必ず電話して確認することをおすすめします。

電話で応募する場合、電話をかけてみる場合のマニュアルはこちらです。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ