バイト先でのセクハラ被害。相談は職場の同僚や専門の公的機関へ

バイト先の職場のセクハラ

バイト先で起こるセクハラ

セクハラは様々な職場でも起こりうることで、アルバイト、パートの立場だったとしても、被害者になってもおかしくありません。むしろ、バイトスタッフが多い職場のほうが起こりやすいかもしれません。

セクハラとは、セクシャル・ハラスメントの略語。「性的な嫌がらせ」や「本人の意思に反しての性的な行動全般」を意味します。セクハラは線引きが曖昧で、『これくらいなら我慢しよう』と被害者が思ってしまうことも。気付かない間に、上司や同僚のセクハラがエスカレートしないよう、最低限の知識を覚えておくのが良いでしょう。

セクハラの判断基準となるのは、被害を受けた人が「不快に思うかどうか」ということ。たとえ相手に対して好意を持っていて、仲良くなりたいと思った上での行為でも、相手が「迷惑だな」と感じたら、それはセクハラ。人の気持ちも考えずに、一方的な行為や発言を繰り返すのはいけません。

男性上司の場合、女性の部下とは仕事上での付き合いであるにも関わらず、勝手に恋愛感情を抱いてしまうというケースも。仕事をスムーズに進めるために、上司と仲良く接するのは必要なことですが、上司からの目線がいやらしく感じたり、発言に不快を感じるようであれば、少し距離を置いた方が賢いやり方かもしません。

またセクハラといえば「男性上司→女性部下」というイメージですが、「女性上司→男性部下」ということも。「男のくせに、女々しいね」や「はげてきたんじゃない?」という発言には注意が必要です。

セクハラに該当する行為

まず「言葉によるセクハラ」は、「下ネタを言ってからかう、しつこくデートに誘う、性的な体験談を聞くor聞かせる」など。相手が嫌がっているのに、それを無視して発言するというケースもあります。

「視覚によるセクハラ」とは、「ヌード写真を見せる、アダルト動画を見せる」といった行為。また「性的関係の強要」や「胸やお尻に触ってくる」「不必要にカラダを触ってくる」という行為は、セクハラとして大いに問題です。嫌がっているのに、「肩や髪に触ってくる」。そんな上司は、あなたの周りにはいませんか?

また人間関係によって受け取り方は異なりますが、上司が部下に「結婚はまだか?」「子どもは作らないの?」と繰り返し聞いたり、飲み会の席でお酒を強要したり、カラオケのデュエットを強要するのもセクハラの一種といえます。男性の店長がパートの女性にそういう発言、行為をするのもセクハラにあたります。

仲間に相談し、意思表示と公的機関に相談を

加害者が上司の場合、セクハラを軽く捉えている人が多いのが特徴。「部下と仲良くなるためにしただけ」「部下も嬉しそうにしていたから」という勘違いをしているケースも見られます。

こうしたセクハラ被害を拡大させないためには、はっきりと「やめてください」と断るのがオススメです。また不快だと思ったことは、「いつ、誰からどんなことを言われたのか?どんな行為を受けたのか?」をメモする習慣をつけること。

一緒に働いているバイト仲間、先輩や後輩に相談して、セクハラの目撃者になってもらったり、同じように不快な思いをしている人を探して、悩みを分かち合うのもいいでしょう。

また『労働基準監督署』、『労働局・雇用均等室』、『労働センター』などでセクハラ相談を受けてくれるので、思いきって相談してみるのも解決策として有効。社外の第三者機関で、専門家に相談してみましょう。
相談先については、以下の記事にまとめています。
バイト先でのトラブルは、ハローワークや労基署など公的機関へ相談を

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ