ピアノを演奏するアルバイトはどんな勤務先が多い?

ピアノを演奏するアルバイトはどんな勤務先が多い?

学生のアルバイト=飲食やサービス業ばかりではありません。中には、自分の好きなことや、得意なことを活かしてお小遣い稼ぎをしている人もいるのです。
今回は「ピアノの演奏力」を活かして働ける演奏者のアルバイトについて詳しく解説します。

楽器店やスタジオなどで募集がある

ピアノの演奏でお金を稼ぐなんて、プロじゃないとできないと思っていませんか?
実は、プロのピアニストではなくても、音大生や人前で演奏できる技術があれば、給与をもらいながら演奏できる方法があるのです。

例えば、あなたの街や通学途中に楽器店や音楽スタジオはないでしょうか。
楽器店やスタジオで働くスタッフは、ピアノの購入を検討されている方や、楽器の練習に来られる方のために、商品の説明や練習のサポートをする必要があります。

お客様にピアノの良さをアピールするためにデモ演奏を行ったり、ボーカルの練習に来られたお客様のために伴奏をつけるなど、実は演奏力を活かせる仕事がたくさんあるのです。次に、実際に演奏者を募集している職場の具体例を紹介していきます。

バリエーションや演奏力に自信があるならバーやレストランがおすすめ

「ピアノ演奏」の仕事と聞いて一番イメージしやすいのが、店内にピアノを設置しているバーやクラブ、レストランです。おしゃれな店内でピアノの演奏をするというものです。

ただし、上記で挙げた職場では共通して、その日の雰囲気に応じて、お客様に合わせた選曲ができる程度のレパートリーが求められるため、難易度は高めです。

また、お客様からリクエストが入る可能性もありますから、クラシックをはじめ、ジャズのスタンダードナンバーなど、ひととおり弾けるくらいの演奏力がなくては務まりません。

こうした職場では、演奏者の能力を計るため、面接時にテストがあるところも少なくはないようです。難易度は高めですが、その分、やりがいのある職場なので、演奏技術を磨きたい人にはおすすめの職場です。

もう少しハードルの低い職場をお探しなら、結婚式場がおススメです。結婚式場の場合は、事前に弾く楽曲が決まっていますから、とっさの応用などはほとんど必要ありません。

それに、ピアノのスキルだけでなく、冠婚葬祭に関するマナーが磨けるところも嬉しいポイントです。

こちらも人気の職場なので倍率は高めですが、ピアノだけでなく、パイプオルガンの演奏経験などもアピールできれば、採用してもらえるチャンスがひろがります。

演奏者募集の情報は求人サイトや紹介経由が多い

最後に、演奏者の求人情報の見つけ方ですが、前任者が退職する際に後任者を紹介したり、音楽大学の中でのみ公募がかけられていたりするケースが多く、なかなか大々的に募集されることがないのです。

もし、あなたに上記のようなコネや、紹介を期待できそうな人脈がない場合には、演奏者の需要がありそうな職場へ自ら電話し、求人の予定がないかを問い合わせると良いでしょう。定期的に連絡を続けていれば、今すぐの採用には結び付かなくても、欠員時やイベント時に行う短期の演奏者募集などに声をかけてもらえる可能性があります。

また、大きなホテルやレストランでは、施設内の掲示板に貼り紙をして募集している場合や求人情報誌や求人サイトでの募集をしている場合もありますから、こまめにチェックしておくことをおすすめします。

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ