理容・美容業界大手「プラージュ」は稼げる?求人の手取りや待遇を調査!

パートの志望動機《事務職編》どういったところを見ている?経験スキルだけ?

パートの志望動機《事務職編》どういったところを見ている?経験スキルだけ?

事務職の仕事に応募したいけれど、ワードやエクセル、パソコンの仕事をしたことがないけど採用されるの?経験スキルがない場合、履歴書でどんなことをアピールすればいいのだろう?と思っていませんか。

経験のない人にとっては、事務職の履歴書や職務経歴書の「志望動機」はなかなか書くのが難しい項目の一つです。でも「志望動機」は、書き方次第でスキルや熱意、そしてその仕事を続けていけるのかどうかをアピールすることができる格好のチャンスでもあります。採用担当者はどういったところを見ているのか紹介します。

事務職は即戦力が求められていることが多い?

パートの事務職を募集している企業は、なるべく経験者で即戦力になってくれる人材を求めている場合が多いです。

なぜなら、事務職のパートの募集背景として「今の事務職のパートさんが急に退職してしまった」「仕事が増えるので新しい人を採用しないといけない」などの事情がある場合が多いからです。なるべく早く教えることが少なくて済んで、しっかり仕事をしてくれる人を探しているということが考えられます。

その場合、同じ業界での事務職経験のある人はやはり有利です。教える内容が少なくて済みますし、即戦力として期待されるでしょう。

次に同じ業界での経験がなくても、他業界での事務職経験のある人、仕事でパソコン業務をしたことがある人、ワード・エクセルが使える人も期待されます。

未経験でもOKな職場もある

逆に求人情報誌や求人サイトに載っている求人募集の内容に「未経験OK」「未経験歓迎」という記載があるお店、企業もあります。

その場合は、経験がなくても、いちから教えて育てていこうとしている企業や、そこまで専門的な経験スキルを求められていない職場が考えられます。全く新規でスタッフを募集してゼロから形を作っていくケースもあります。

ですので経験がない場合は、未経験OKの職場に応募する方が無難です。

それでは次からは、経験スキル以外で採用担当者がどういったところを見ているのか、どういったところを志望動機欄でアピールすればいいのかを紹介します。

なぜその会社の事務をやりたいのか

事務職となると一見するとどの職場でも同じような職務内容に見えてしまいがちなので「なぜ応募先の会社で事務職として働きたいのか」という必然性を記載することで、応募者の熱意がアピールできます

志望動機でよくあるのが立地(勤務地)、勤務時間(シフト)、給与(時給)など仕事そのものと直接関係のない記載を多く書いてしまうこと。これではなぜこの会社に応募してきたのかがよくわかりません。志望動機で見られている項目で大切なことは経験やスキルもさることながら、「その会社でその仕事をしたい理由」も重視されます。

例えば、事務の中でも特に取り組みたい仕事や得意なジャンルの仕事があって募集内容がちょうど当てはまった、会社がベンチャーで色々な仕事にチャレンジできそうだと思ったというようなポジティブで前向きなやる気が伝わるように書くのが良いでしょう。

大げさすぎずに書くのがポイントで「〇〇の道に生きていきたい!」「〇〇が好きなので」というものは、特にその根拠を示す過去の経歴がない場合や転職が多い経歴の場合には大げさであり信用性が低いととられてしまいます。

仕事に対する意欲・取り組む姿勢はどうか

事務の仕事と一口に言っても内容は幅広く、データ入力から文書・資料作成、請求書の作成・発送、入金確認、電話対応など多岐にわたります。企業側としては、たとえ未経験でもできる仕事内容だとしてもやる気、意欲をもって取り組んでもらいたいと思っています。逆に言えば、経験者でも意欲が薄かったり取り組む姿勢が良くなければ雇用したいとは考えないものです。

経験者でも未経験者でも仕事への意欲を示すこと、熱心に仕事に取り組む姿勢があることを書くと良いでしょう。

例えば、シフト管理や給与計算など責任が求められてかつ信頼していないと任されないような仕事を担当した経験がある場合には、そのことをきちんと書きましょう。また事務職が未経験の場合には、過去の仕事で一定の責任が求められて、かつ継続してやってきたことをアピールするのが良いでしょう。

他には、飲食店のアルバイトをしていた時にシフト管理や鍵の管理をしていたというようなことも、他業種ではありますが効果的なアピールポイントになります。また事務職が未経験であってもパソコンや経理に関する資格など、事務職として役立ちそうなスキルがある場合にはそのことも志望動機欄に書いておきましょう。

仕事を辞めずに続けられそうか

過去にパート経験があって辞めた場合はその理由も聞かれる場合があります。パート、主婦の応募の場合は妊娠や出産、他に家庭の事情などがあって辞めてしまう可能性があるかどうかは選考する側にとって大変気になるところです。

継続して働いてくれるかどうかを見るには、転職歴やそれぞれの会社で在職していた期間を見るのが一般的ですが、継続して仕事を続けていける場合はその根拠を志望動機欄に具体的に書くと好印象です。

例えば「家が近い」「勤務時間が希望に合う」ということであっても誰もが納得できる理由なので継続性をアピールすることができます。

その他「夫がリストラされて、どうしても働かなければならない」などの切迫した理由がある人も、すぐに辞めることはないと思ってもらえることがあります。特に事務職はコツコツと長く続けられる継続性を求められることが多いので、スキルや経験があまり無い場合にも継続性をアピールすることで採用の確率を高めることができます。

志望動機の欄を適当に埋めていたという人も、きちんと志望動機のポイントを押さえて書くことで「スキルや経験」「応募先の会社の事務をやりたい理由」「継続できる理由」をアピールできて、採用される確率をグッと高めることができるでしょう。

事務パート面接のときの服装のポイントは?

事務のパートについて、面接時の服装はこちらの記事を参考にしてください。

オフィス、事務職のパートは求職者から人気の職種の一つです。うまく条件に合いそうなところの募集を見つけたら、早めに応募することをおすすめします。

↓マイベストジョブはどの求人でも必ずお祝い金がもらえます↓

パートするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているお仕事があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、パートに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐパート求人を探す

    TOPに戻る