新宿の短期バイト特集!!2,3か月だけとか働きたい人集合!しかもお祝い金付

新宿バイト・パート特集

新宿エリアで短期のバイトを募集している特集ページです。ポスティングやチラシ配布スタッフ、イベントスタッフ、梱包・仕分スタッフなどが定番です。短期バイトの多くは、資格や経験が必要ないので、アルバイトがはじめての方でも気軽に応募することができます。急な旅行でお金が必要になった!学校の長期休暇の間だけ!など、希望に合わせて働く事ができるのが大きな魅力です。求人件数は非常に多いので、希望の条件のお仕事を見つけることができる可能性は高いので、気になるものはしっかりと求人内容をチェックして応募しましょう。

短期バイトってどれくらいの期間のこと?

一般的に、1日~3ヶ月未満だとされています。短期バイトは、人間関係がわずらわしくない、給料が高くてすぐにもらえる、仕事の終了日が決まっている、と働きやすいことが魅力です。また、自分の都合のいい期間だけ働くことが出来るので、アルバイトにスケジュールを拘束されたくない学生にとっては都合が良いお仕事です。新宿には、たくさんの大学があるので、夏休みや春休みだけ、テストが終わってからの空いた期間だけ働く人が多いです。

短期は面接なしって本当?

短期バイトには、面接があるパターンとないパターンがあります。工場内作業や製造補助、サンプリングなどの接客のない簡単なお仕事は、面接がない場合が多く、お客様と接する飲食店などのお仕事は短期勤務といえども、面接があることが多いです。面接がない分、気軽に働ける面接なしバイトですが、募集条件をしっかりとチェックするだけではなく、応募時に勤務時の注意点などを確認して、トラブルのないよう注意する必要があります。

短期バイト・パートは雇用契約書を交わさない?

雇用契約書は交わさなければなりません。しかし、法的には義務化されているのですが、罰則規定がないために、徹底されていないのが実情です。中には、労働契約自体を口頭で成立させているような危ない会社もあります。新宿にはさまざまなお店が存在しますので、そういった企業が求人募集をしている可能があります。働き出した時にトラブルにならないようにするためにも、短期バイト・パートであれ、雇用契約書や労働契約書を交わす会社を選ぶようにしましょう。

大学生、高校生でも短期バイトに所得税はかかる?

所得税はかかります。その年の1月1日~12月31日の1年間のアルバイト収入の所得によって金額は決まります。年収が103万円を超えると、一般的には所得税がかかりますが、学生の場合は、年収が103万円を超えてしまっても、「勤労学生控除」の手続きをすれば、130万円まで所得税の支払いが免除されます。ただし、たくさん働きすぎると、親の扶養から外れ、親の税金が増えることもあるので、労働時間に注意しながらシフトを申請するようにしましょう。

お試しで短期バイトってあり?お店に迷惑はかからない?

お店の雰囲気や仕事内容、一緒に働くメンバーのことが分からない状況で長期のバイトに応募するのが不安という方は、試しに短期バイトからはじめてみるというのは、ありです。店側も短期バイトのスタッフに対しては、比較的簡単な仕事内容を任せるなどの配慮をしていることが多いので、お店に慣れる機会になるでしょう。ただし、働きたいと思っているお店が必ずしも短期スタッフ募集しているとは限らないので、定期的に求人サイトなどで情報はCHECKするようにしましょう。

新宿でカフェの短期・単発って募集は多い?

カフェの単発や短期のお仕事は、他の飲食店の短期バイトに比べると多くはありませんが、年末年始などの繁忙期には、短期のスタッフ募集を行うことがあります。仕事を覚えるのに時間がかからない、テーブルの片付けや配膳、既存のホールスタッフのサポートを任されることが多いです。新宿には多数のカフェがありますが、タイミングによっては短期の求人がない場合もありますので、短期でのカフェ店員さんを目指す人は、まめに求人情報をチェックするようにしましょう。