りらくるは稼げるのか?セラピストの研修内容と評判を徹底調査!

バイトのシフトについてすべて丸わかりまとめ

バイトのシフトについてのノウハウや分からないことの記事をまとめました。シフト調整から変更の方法やポイントなど紹介しています。
バイトをすぐに辞めたいがシフトが入っている場合、どうすればよい?‏

バイトをすぐに辞めたいがシフトが入っている場合、どうすればよい?‏

体調や学業その他の理由で、シフトは決まっているけど急に辞めたいというケースがあります。できるだけ迷惑のかからないように早めの行動、連絡がもっとも大切です。

バイトのシフトを減らしたい場合の理由、言い方・伝え方を解説します

バイトのシフトを減らしたい場合の理由、言い方・伝え方を解説します

今のシフトがきつくなった!どんな理由を、どう伝えたらシフトを減らしてもらえるか、言い方やポイントを解説します。 シフトを減らしたいときの理由5つ アルバイトを続けるうちに状況が変わって、シフト日数を調整したいと考えている・・・

すでに決まっているバイトのシフトを変更したい!やり方とポイント

すでに決まっているバイトのシフトを変更したい!やり方とポイント

バイトのシフトが決まったあとの変更の基本的なやり方とポイントを解説しています。決まったあとに変更をお願いするのは原則NGですがどうしようもない予定が入った場合はやむをえません。申し訳ない気持ちが大事です。

コンビニバイトで一番忙しい時間帯はいつ?シフトのパターンは?

コンビニバイトで一番忙しい時間帯はいつ?シフトのパターンは?

コンビニバイトで忙しい時間帯はお店によって異なりますが、ビジネス街なら早朝とお昼、街中はお昼の時間帯が一番忙しいところが多いです。シフトは早朝、午前、午後、夜間、深夜の5つが一般的です。

シフトと固定どちらがおすすめ?バイトの働き方を比較

シフトと固定どちらがおすすめ?バイトの働き方を比較

勤務がシフト制と固定制のバイトは、勤務先が希望のシフトが通りやすいところであれば、自分で先々のスケジュールを立てやすく休みもとりやすい環境のシフト制のところがおすすめです。

なかなか希望したシフトにならない~シフト調整をうまくする方法

なかなか希望したシフトにならない~シフト調整をうまくする方法

アルバイトのシフトを希望通りに調整する方法としては、面接時に前もって言っておくことの他、人間関係を良くして言いやすくすること、休む場合はできるだけ早めに伝えることを意識してください。

バイトのシフトを減らされた…なぜ?こういうときは辞めるべき?

バイトのシフトを減らされた…なぜ?こういうときは辞めるべき?

バイト先でシフトを急に減らされてしまった場合、なぜ減らされたのかの理由を確認することが大切です。一方的な労働条件の変更は問題になりますので、契約内容をよく確認してください。

バイトのシフトを急に入れられた!上手に断る言い方は?

バイトのシフトを急に入れられた!上手に断る言い方は?

アルバイトのシフトが通常通りではなく、店長や上司から急に入って欲しいと連絡が来た場合、次回以降、同じようなことがあるかもしれないと思って対処するようにしてください。丁寧に断ることが一番のポイントです。

それって本当?シフトに長く入ってないとバイトは退職扱い

それって本当?シフトに長く入ってないとバイトは退職扱い

シフト制のバイトで長期間仕事に入ってない場合、企業によっては退職扱いになってしまうこともあります。長い間シフトを空ける場合は、あらかじめ上司に連絡しておきましょう。

学校があるのでシフトの希望が通りやすいバイトを探したい‏

学校があるのでシフトの希望が通りやすいバイトを探したい‏

学生のバイト探しで学校生活との両立をうまくいかすためには、シフトの融通が利くバイトが一番。シフト自由、学生歓迎、週1~週2日勤務OKの条件で探してみると都合のよいバイトが見つかりやすいです。

コンビニバイトのシフトって希望通りに入れられるってホント?

コンビニバイトのシフトって希望通りに入れられるってホント?

コンビニで働くバイトは、勤務する日にち(曜日)、時間帯といったシフトについては、スタッフの数が多ければ比較的、希望が通りやすいと言えるでしょう。休む際にはなるべく早めに伝えておくのもポイントです。

掛け持ちバイトってきつい?負担にならないシフト調整がカギ

掛け持ちバイトってきつい?負担にならないシフト調整がカギ

掛け持ちバイトはきついといわれることがありますが、きつくなるかどうかで最も重要なのはシフトの調整です。連続勤務や深夜・早朝の時間帯をいかにうまく調整できるかで体の負担が大きく変わります。

主婦がバイト掛け持ちするならシフトと休みやすさで選ぼう

主婦がバイト掛け持ちするならシフトと休みやすさで選ぼう

家事、育児など家で行うことが多い主婦がバイトを掛け持ちするとなると、家庭への影響を最小限にする必要があります。体力的な負担を考慮して、シフトが楽なもの、休みやすい仕事を選ぶのがおすすめです。

13件中 1〜13件を表示

    このページのトップへ