koeのバイト担当者に聞いてみた!面接やシフト、仕事内容、評判は?

こんにちは、マイベストジョブ事務局です。ファッションブランドのアースミュージックアンドエコロジーで知られる株式会社ストライプインターナショナルが展開するkoéのアルバイトの面接やシフト、仕事内容について人事部の勝岡さんに話を聞きました。

アメリカンホリックには、こちらから応募するとお祝い金がもらえます
《お祝い金》コエのアルバイト・パート求人特集【マイベストジョブ】

koéってどんなブランド?

レディスやキッズ、メンズウエアのほか帽子やバック、靴といったファッション小物、食器やキッチンツール、インテリア雑貨、バス・トイレ用品、ボディケア商品など、ライフスタイル全般を提案するkoéは、ストライプインターナショナルのグローバル戦略ブランドとして2014年に誕生しました。

商業施設などに出店するテナント店舗のほかに、独立型店舗としてKOE HOUSE 自由が丘店(東京都)が2016年にオープンしました。自由が丘店は、地下1階から地上3階まで、フロアごとに展開するサービスが異なります。地下1階はキッチングッズや文房具といった雑貨やメンズウエア、1階は「koé green」というサラダショップ、2階はウィメンズ、3階はキッズのフロアで、友達同士やカップル、夫婦、親子とさまざまな人たちがショッピングを楽しめる店づくりをしています。

また、同ブランドの大きな特徴として、フェアサプライチェーンが挙げられます。フェアサプライチェーンとは、綿花など原料の栽培・収穫から糸づくり、染色、生地織り、裁断、縫製など衣服ができる各工程の労働環境と自然環境に配慮する取り組みのことで、人と自然に負担をかけない商品づくりを行っています。

フェアサプライチェーンに尽力するなど、グローバル展開を目指す同ブランドでアルバイトをする前に知っておきたい事柄について見ていきましょう。

コエはファッションにとどまらず食器やキッチンツールなどライフスタイル全般を提案するブランドです。

面接について

koéの店舗スタッフは、高校を卒業した18歳以上の男女が対象です。レディス、キッズのほかメンズウエアも展開しているため、アルバイトの約1割は男性でその多くは学生です。
バイト全体を見ても約半分を学生が占めていて、ミセスは3割、フリーターは2割ほどで、年齢は20代前半~20代後半が中心です

ここから、応募から採用までの流れを紹介します。

応募と面接の流れ

希望者は求人サイトの専用ページや電話で応募すると、担当者から面接日の連絡があります。面接当日は履歴書や職務経歴書を持参し、応募先店舗に出向きます。

求人サイト・電話で応募

担当者から面接日の連絡(※履歴書送付・書類選考)

面接

採否の連絡

希望の日程から勤務開始

※基本的には上記①~⑤の流れですが、面接の前に履歴書を送付し、書類選考が行われる場合もあります。

「担当者から面接日の連絡」の段階で、シフトについてヒアリングがあります。これは、応募者の希望シフトと店舗側が求める時間帯、曜日などがマッチするかどうかを事前に確認するためです。

双方のスケジュールがうまく合わない場合は、面接の日にストライプインターナショナルが運営するほかのブランドを紹介される場合があります。系列店などを紹介するのは、同社には従業員すべてのライフスタイルを大切にする理念があり、応募者に無理のないスケジュールで働いてほしいと考えているからです。

シフトの内容が採否に影響するわけではありませんので、学校や家事・育児、習い事など、プライベートと仕事のバランスを取りながらスケジュールを考えましょう。

面接は応募先店舗が入るファッションビルなどの休憩室やカフェなどで行われます。基本的には店長と応募者と1対1で時間は約30分ほどです。

志望動機や将来のビジョン、シフトについて質問

面接では「同ブランドに応募した理由(志望動機)」「思い描いている夢(将来のビジョン)」「どれくらいのペースで働きたいか(シフト)」について質問があります。
志望動機は、多くの面接で聞かれる代表的な質問です。志望動機からは仕事内容に興味を持っているか、意欲があるかが確認されます

将来のビジョンでは、応募者が同ブランドでどのように働いていきたいか、どんな風に活躍していきたいのか、といったことを聞かれます。

入社試験などであれば、応募先の会社で自分がどのように貢献していけるかを話すことが多いですが、アルバイトであれば「○年後には留学をしたい」「好きなファッションの仕事を通じて見聞を広げたい」など、自分自身に関する夢でも構いません。

夢は人を動かすエネルギーになるので、将来についてきちんと話すことで「意志がある人」「何事にも前向きに取り組める人」と良い印象を持ってもらえます。

シフトについては、面接前にヒアリングされた内容について最終確認が行われます。シフトの変更や、店舗側のリクエストに添える部分があれば担当者に伝えましょう。

仕事と研修について説明も

同ブランドでは、面接時に仕事と研修内容について説明があります。理由は、既存スタッフから「思った以上に体力がいる」「覚えることが多い」といった声が寄せられているからで、実際に働くようになってから感じるギャップを少しでも減らしておきたいというのが目的です

アパレルの販売員をする動機として「憧れのブランドで働きたい」「ファッションやヘアメイクを自由に楽しみながら仕事をしたい」という人が多いでしょう。おしゃれが好きな人にとってアパレルは魅力的ですが、仕事である以上は大変なこともあります。

接客・販売業務のほかに納品物の検品や在庫整理といった仕事があり、これは裏方作業です。また同ブランドは研修が3つ用意されていて、それらをきちんと受けて仕事への理解を深めなければ、時給アップなどは目指せません。

質問の時間も設けられていますので、「在庫整理は何人で行うのでしょうか?」「研修の○○の部分について、もっと詳しくお伺いしたい」など、気になることは聞いておきましょう。

面接時の服装について

面接時には、応募者との会話や醸し出す雰囲気、装いなどからブランドのイメージに合うかどうかも確認されます。同ブランドは30代~40代をターゲットにしているため、服装については、ベーシックな装いにトレンドを意識したコーディネートがおすすめです。

面接だからといって、普段とは違うかしこまった装いをする必要はありません。同ブランドの雰囲気に合わせ、自分らしいおしゃれをして出かけましょう。

仕事内容と服装について

来店者のリクエストに合わせてフォロー

koéの店舗スタッフのおもな仕事は、店舗運営と在庫管理です。同ブランドは、アパレル以外に生活雑貨も取り扱っていて商品が多彩です。そのため、訪れる人が自由に店内を見てまわり、じっくりと商品選びができる店づくりを行っています。

来店者が試着をしたい、店頭に出ている商品の色・サイズ違いを見せて欲しいといった場合、フィッティングルームへ案内したり、ストックルーム(在庫品置き場)から商品を用意したり接客も行いますが、店舗スタッフから積極的に声かけをしてセールスを行うというより、基本的には顧客のペースやリクエストに合わせてフォローするというスタイルです。

店舗スタッフは来店者が買い物をしやすいように店内を整えたり、売れ行きにそって商品を補充したり、新着の品をディスプレイするなど店舗管理やレジ業務を行います。また、食器など生活雑貨を販売しているので、割れものを梱包したり、プレゼント包装などが多いのも同ブランドの特徴と言えるでしょう。洋服のたたみ方や梱包、ラッピングについてもきちんと教えてもらえます。慣れないうちは、多少時間がかかってもいいので丁寧に行うことを心がけましょう。

バックヤードでの在庫整理も大切な仕事

また、多くのショップでもあるように、同ブランドでも納品物の検品や在庫品の整理も店舗スタッフの役割です。これらの作業は、バックヤードといって商業施設やファッションビルの従業員のみが出入りできる専用エリアで行われます。

大きな段ボールから商品を出し、納品伝票と届いた品物がきちんと合っているかを確認します。確認作業(検品)が終わった商品は、アイテムやサイズごとに在庫棚に整理していきます。面接時にも話があるように、バックヤードでの在庫整理は多数の商品を扱うため、体力的にもハードです。しかし、これら作業は店舗運営には欠かせない業務で、午前中は早番、午後からは遅番など店舗スタッフ交代で行います。

ひとりではなく数人で分担するのでチームワークが芽生え、同じ職場の仲間としての一体感も高まります。また、入荷された商品をチェックできるのもこの作業の特典です。同ブランドではレディス、キッズ、メンズのファッションアイテムのほか、さまざまな雑貨を扱っています。

店舗スタッフは日によって担当するセクションが変わりますので、来店者から問い合わせが合った場合、きちんと答えられるように商品に関する知識を備えておく必要があります。ストック作業は情報収集の恰好の場なので、それを意識して仕事をしましょう。

多くのアイテムを扱う同ブランドでは毎日のように新作が届きます。お店で「NEW ARRIVAL」のポップを目にしたことがあるかと思いますが、新着品は新鮮で来店者の目をひきます。アイテムによって、ポップなどでアピールしながら購買につなげていくのも店舗スタッフの役割です。

ビジュアルマップマップを参考にコーディネート

店舗に出る際は、同ブランドのアイテムをトップスかボトムスのどちらかで着用して、ブランドのイメージにマッチした装いをすればメイクやネイル、アクセサリーもある程度は自由にできます(男性はヒゲ可)。着こなしについて自信がないという人も、同ブランドが用意するビジュアルマップからコーディネートや色合わせなどを参考にすることができます。

採用後は、同ブランドについては半額の割引率で商品を購入できます。ほかのブランドについても、社員割引制度を活用できます。洋服や小物などをお得に買い物ができるのは、アパレル販売のメリットでしょう。

研修制度について

研修は3工程、OJT形式で実施

koéでは、勤務の初日からお店に出ます。そのため、研修は実際の販売業務などを通じて先輩スタッフからレクチャーを受けるOJT形式で行われます。

研修制度は3つの工程があって、第2工程はさらに2つのステップに分かれています。各工程の内容を紹介します。

【第1工程】
企業理念や会社の就業ルール、業務フローなどへの理解を深める。

【第2工程】
第1ステップ
・接客スキル(あいさつや商品知識、接客マナーや顧客アプローチについて)
・対応スキル(レジ対応、電話対応について)
・作業スキル(納品物の検品、在庫整理といったバックヤードの作業について)

第2ステップ
上記3つのスキルの習熟度確認とクレームや返品などイレギュラー対応について。

【第3工程】
第1・2工程の習熟度の確認。商品の動向を意識した業務が行えているかなど。

研修はマンツーマンのシスター・ブラザー制度で指導

同ブランドではシスター・ブラザー制度といって、先輩スタッフが専属トレーナーとしてマンツーマンで指導してくれる研修システムを構築しています。

研修内容はストライプインターナショナルのすべてのブランド共通で、接客マナーや商品知識、商品の管理方法、レジ業務や在庫整理などについて学んでいきます。同社がマンツーマンで研修を行うのは、教えてくれる人によって内容が違う、よくわからないまま先に進んでしまった、といった問題を減らすためです。

また、アルバイトは人によって1日の勤務時間や週の出勤日数が異なるうえ、仕事を覚えるスピードも人それぞれなので、マニュアルを一通り説明して次の工程へ、という進め方ではなく、ひとりひとりのペースに合わせた研修を行っています

シスター・ブラザー制度を採用しているのは、勤務の過程でバイトスタッフが抱く不安や不満をいち早くキャッチして声をかけるなど、悩みを相談できる関係性を築くため、という目的もあります。

顧客はもちろん、従業員すべてを「家族の次に大切なセカンドファミリー」と考える同社は、すべてのブランドの従業員が働きやすい制度、環境づくりに努めています。

シスター・ブラザー制度を取り入れた研修は悩みなどを相談できる関係性を築きます。

シフト、時給について

シフトは週に2日、1日4時間から

koéのアルバイトは週に2日、1日4時間以上の勤務が条件です。シフトは1日4時間、6時間(拘束時間7時間)、8時間(拘束時間9時間)から選べます(実働6時間以上は休憩1時間取得)。

出店先の施設の営業時間により勤務開始・終了時間は異なりますが、10時~21時の営業時間であれば朝9時30分(開店準備)~16時30分、17時~21時、13時~21時15分(閉店作業)など早番、中番、遅番でシフトを組むことができます。

シフトは、月のはじめの10日頃までに翌1カ月分のシフトを提出します。シフトは面接時などに調整した内容が基本になりますので、勤務日や時間に変更があればそれを申請します。なお、大型連休やセール期間など集客が見込まれる時期は出勤をお願いされることもあります。接客・販売業では週末や連休にバイトをお願いされることは珍しいことではありませんので、できる範囲で協力しましょう。

同ブランドでは、6・7・12・1月は繁忙期手当を用意しているので、給与面にそのがんばりを反映してもらえます。

時給は面談や研修クリアで最大40円アップ

時給は900円~(岡山)、950円~(埼玉、千葉)、1000円~(東京、神奈川、愛知、大阪)と店舗によって異なります。募集要項に記載されているので確認のうえ応募しましょう。なお、繁忙月手当として、6・7・12・1月は時給に100円の手当が付きます。

時給は、半期に一度行われる面談で店長などの評価により10円アップします(最大20円)。研修では、第2工程・第2ステップをクリアすることで20円アップします(面談と研修で最大40円)。

面談や研修を経てアルバイトリーダーにステップアップをすると時給が30円上がります(週の勤務時間が30時間以上の場合)。アルバイトリーダーのほか、一定の条件を満たすと正社員に雇用切り替えも可能です

同ブランドではグローバル展開を視野に入れているため、正社員を目指す場合はTOEICのスコア取得など基準はありますが、アパレルに興味がある人だけでなく、将来は世界で仕事をしてみたいという人にとってもおすすめです。

まとめ

koéは、東京、名古屋、大阪など国内に約10店舗を展開中で、渋谷にhotel koéのオープンも控えています。宿泊スペースのほか、飲食やショッピングスペース、イベントスペースを設けた同ホテルは、文化交流・情報発信の場として期待されています。

今後も新店舗のオープンが予想されるので、ブランドを一緒に育てていく楽しみがあります。また、そういった意識を持つ人が向いているでしょう

ブランドを成長させていくためには、ブランドコンセプトや企業理念にそって仕事をしていくことが大切です。

運営元のストライプインターナショナルでは、すべてのブランドで働くアルバイトに向けて、東京と大阪で定期的に集合研修を開催しています。希望すれば誰でも参加することができ、学生やフリーターには就職活動に役立つビジネスマナー、ミセス向けにはワークバランスの取り方など、それぞれのライフステージにあわせたセミナーやワークショップを用意しています。

全国の店舗スタッフとコミュニケーションを取ることで、ブランドのスタッフとして、またストライプインターナショナルの一員としての意識も高まります。koéはまだ店舗数が少ないですが、こういった機会を活かして仲間を増やしていくことができるのも魅力と言えるでしょう。

↓マイベストジョブは必ずお祝い金がもらえます↓

コエのバイトをさがす

株式会社ストライプインターナショナル
本部:東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー18F
店舗数:815店舗(2017年7月時点)※国内直営店
株式会社ストライプインターナショナルのアルバイト/求人一覧

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

    このページのトップへ