ハッピードルフィンズの求人について採用担当者に聞いてみた!面接、仕事内容など

こんにちは、マイベストジョブ事務局です。幼児から小学生を対象にした英会話教室「ハッピードルフィンズ」の求人について講師として働く際に抑えておきたい面接や仕事内容について、英語教室部の井守さんに取材しました。

ハッピードルフィンズには、こちらから応募するとお祝い金がもらえます
《お祝い金》ハッピードルフィンズのアルバイト・パート求人特集【マイベストジョブ】

家庭学習教材ポピーの新学社が運営するハッピードルフィンズについて

「ハッピードルフィンズ」「ドルフィンイングリッシュ」は、就学前の幼児と小学生のための英会話教室で、全国に約115の教室があります。

同教室は、幼児、小学生と中学生のための家庭学習教材「月刊ポピー」を出版している新学社が展開していて、子どもたちの年齢や成長に合わせて楽しみながら学べる英語指導法を構築しています

英語をきちんと理解し、表現するためには「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの技能をバランス良く伸ばすことが大切で、世界に通用する英語力の基礎を育成するために、同教室のレッスンはオールイングリッシュ(授業のすべてを英語で行う教育方法)で進めています。

また、同教室では英語力だけでなく、自分で考えて行動する主体性や、自分とまわりにいる友達の個性を認め、ともに成長していく共生の心を育むことも目標にしています。

世界の海を自由に泳ぎまわるイルカのように、グローバルに活躍できるような英語力やコミュニケーション能力を備えた人材の育成を目指す同教室について紹介します。

ハッピードルフィンズ・ドルフィンイングリッシュの英語教室はオールイングリッシュで行われます。

応募資格・面接について

応募は原則として学生不可、英検2級程度の語学力が必要

ハッピードルフィンズの講師は、原則として学生は対象外です。理由は、同教室では、短期ではなく長期でレッスンに取り組める人を求めているためで、学生は大学などの講義やサークル、就職活動などで時間的に制約が出てくる可能性があるからです

応募資格は英検2級程度の語学力を備えた人(日常英会話ができる人)です。応募者は、海外駐在員の家族として、あるいは語学留学ワーキングホリデーで海外に滞在したことがある人、語学スクールで講師をしたことがある人元小学校の教員などさまざまです。

応募から採用の流れを紹介します。

  • 求人サイトのフォームまたは電話で応募
  • 担当者から連絡があり履歴書を送付
  • 書類審査のあと、面接日の連絡
  • 応募先教室の担当者と面接
  • 本部担当者による電話での英語インタビュー
  • 採否連絡
  • 研修
  • レッスン開始

※面接と英語インタビューは同じ日に行われる場合があります。

面接は応募先の教室で実施

応募先教室での面接は約30分で、各教室の担当者と応募者が日本語で質疑応答を行います。

面接ではこれまでの経歴や志望動機、週に何コマのレッスンを希望するのかといったシフトについて聞かれるほか、給与や交通費などの待遇面や同教室の指導方針などについて説明があります。

同教室は、年中や年長(4歳~6歳)の幼児や小学生が通う教室なので、英会話のスキルも重要ですが「子どもが好き」といった思いも欠かせません

そのため、応募先教室で行われる面接では応募者の人柄を、英語インタビューでは正確な単語や文法でコミュニケーションが取れているかといった英会話のスキルを確認するのが主な目的です。

子どもたちに接するにあたり、人当たりの良いやわらかい表情や物腰が求められます。面接では緊張感するかもしれませんが、自分らしさを大切にして話すようにしましょう。

たとえば、相手の言葉が終わる前に話し始めたり、早口でしゃべったりするのは、落ち着きがない印象で相手に不快感を与えてしまいます。面接では、相手の話すペースや声のトーンに合わせて、間を取りながら話すと落ち着いた印象を持ってもらえます。

本部の人が電話で英語インタビュー

英語インタビューは電話で行われますので、応募者は自宅で対応することもできます。インタビュー時間は10分ほどで、事前に送った履歴書や職務経歴書の内容にそって英語で質問があり、英語で答えるというものです。たとえば英会話講師の経験がない人には「ご自身のお子さんなどに英会話を教えたことはありますか?」、経験者であれば「以前の職場を辞めた理由はなんですか?」といったことが聞かれます。

大手英会話スクールや塾などで教えた実績があれば、職務経歴書に書く人が多いですが、「個人経営の英会話教室をお手伝いしていた」「英会話教室で教えたことはあるけれど、家庭の事情で短期で辞めてしまった」という人の中には、職務経歴書に記載しない人もいます。

応募者は未経験者も多いため、経験の有無が採否に影響するわけではありませんが、面接やインタビューのトピックスになるので、英会話教室などで働いた経験があればきちんと書いておきましょう。

仕事内容と研修について

レッスンは幼児コースと小学生コースともにオールイングリッシュで実施

ハッピードルフィンズでは、幼児(年中・年長)コースと小学生(小学1年生~小学6年生)コースを用意しています。

定員は、幼児コースは1クラス6人、小学生コースは8人です。レッスン(1コマ)の時間は幼児コース50分、小学生コースは60分です。

レッスンは幼児・小学生コースともオールイングリッシュで行います。新学社が開発したオリジナル教材やカリキュラム、指導方法などについてレッスンプランが用意されているので、講師がレッスン内容を考えるなどの準備作業はほとんどありません

幼児コースは絵本やCD、ピクチャーカード(イラストが描かれたカード)などを使って英語に親しんでいきます。小学生コースでも絵本やCDを使って歌を歌ったり、リズムに合わせて体を動かしたり、子どもたちが楽しみながら英語を学べるように指導する他、読み書きの指導も行います。また、教室には約70冊のCD付英語絵本ライブラリが完備されていて、先生は毎週絵本の読み聞かせを行います。

なお、同教室では制服として指定のポロシャツまたはトレーナーを用意しています。講師にはこれらトップスは貸与されます。ボトムスはスカート、パンツのどちらでも構いませんが、動きやすい服装を推奨されます。

事前研修は3日間で教育理論や指導方法を学ぶ

同教室ではクラスを担当する前に、必ず研修を実施しています。期間は3日間で時間は10時~17時です(研修中も時給が支払われます)。

1日目は同教室の指導方針や教育理念などについて、2日目は小学生コース、3日目は幼児コースのレッスン方法について学びます。

研修場所や研修方法は各教室で異なり、東京や京都など新学社のオフィスがあるエリアでは本部で実施されたり、本部担当者が各教室に出向く場合もあります。同社のオフィスから遠いエリアなどでは、本部担当者とインターネットを通じて研修が行われる場合もあります。

クラスを担当するようになっても、エリアによっては月に1回、講師会が開催され情報共有や講師同士の交流が図られています

また、年に1回、東京と京都、仙台でフォローアップ研修が実施され、子どもとの関わり方や指導方法について学びを深めることができます(同教室で講師をする人は参加することが前提です)。

授業はオリジナル教材と指導マニュアルに基づいて行います。

シフト・時給について

担当するレッスンは週に1日、1コマからです。シフトは基本的に15時~19時30分です。お休みは日曜と祝日です(レッスンが開講される時間や曜日は教室によって異なります)。

児コースのレッスン時間例(1コマ50分)
15時~15時50分、15時30分~16時20分、16時~16時50など。
小学生コースのレッスン時間例(1コマ60分)
16時30分〜17時30分、17時30分~18時30分、18時30分~19時30分など。

ハッピードルフィンズの講師は担当制なので、担当するレッスンの曜日と時間は1年間固定しています。レッスン開始の10~15分前までに教室に入り、椅子や机の配置、教材の準備等をします。

体調不良などで、やむを得ず教室に行けない場合は、早めに教務担当者に連絡をして、相談しましょう。

1コマ(50分~60分)1600円から

ハッピードルフィンズの時給(1コマ)は1200円~で、生徒ひとりにつき管理手当が100円加算されます(交通費別途支給)。


幼児コース(1コマ50分)は通常4人~6人で行うため1コマ1600円~1800円、小学生コース(1コマ60分)は通常4人~8人で行うため1コマ1600円~2000円が支給されます。

家事や育児、習い事など家族や自分のための時間を大切にしながら、英語力を生かし、やりがいを持って仕事ができるのが同教室の魅力です。最初は週に1回の勤務であっても、レッスンに慣れて回数を増やしたい場合は週に5日といったシフトも可能です。

同教室では、レッスンを受け持つ前に3日間(10時~17時)の研修を受講します。研修中も時給が支給されます。また、年に1回開催されるフォローアップ研修に参加する際は、会場までの交通費や時給なども支給されます(研修に関する時給などについては教室により規定が異なります)。

ハッピードルフィンズの講師をするのはどんな人?

講師の9割が女性、年齢は30代~50代

ハッピードルフィンズの講師は、ほとんどが女性です。年齢は30代~50代で平均年齢は約40歳です

講師をしている人の多くは、子どもが中学校や高校に通うようになって子育てが落ち着いた、また子どもが大学に進学したり就職したりして家を離れ自分の時間を持てるようになった、という人が中心です。

子どもを育てる自覚と責任を持つことが大切

同教師では主婦が活躍しているため、「家庭と両立しながら、自分の好きな英語を生かして仕事がしたい」といった声が応募動機として多く寄せられています。

ただし、「英会話が得意」といった理由だけでは、講師業を続けるのは難しいというのが現実です。講師自身が英語でのコミュニケーションを楽しみ、「子どもたちに英会話の魅力を伝えたい」、また「子どもが好きで、子どもたちの成長に喜びを感じる」といった人が向いています。

教えることは簡単ではありませんので、講師自身も常に学ぶ姿勢を忘れずに、子どもを育てる自覚と責任感を持っていることが長く続けている人の特徴です

年中と年長の2年、小学校入学から卒業までの6年など、長い期間、同じ講師のもとで英会話を学べる環境づくりを目指している同教室には、そういった志に応え10年以上続けている講師もいます。

教材やレッスンプランがきちんと構築されているため、授業準備の負担はありません。その分、子どもたちを慈しむ気持ちを大切にしながらレッスンに臨むようにしましょう。

まとめ

幼稚園や小学校に通う時期は、人間形成においてとても重要な時期で、子供たちは母語や英語といった言語だけでなく、習い事や学校の先生、同年代の友達と接するなかで集団生活のマナーやルールといった社会性を身に付けていきます。日々、多くのことを吸収する子どもたちに触れ合うことは、講師にとっても刺激的で多くの学びを得ることができます。

今回、取材した井守さんは「指導の技術については、研修などで学んでいただけるので未経験者であっても問題ありません。大切なのは、講師をしてくださる方の気持ちです。ハッピードルフィンズでは、子どもたちが興味を持ち、自ら学ぶ気持ちを育てるレッスンを目指しています。こういったレッスンを実現していくためには、講師の方々の存在が大きく影響してきます。子どもたちにとっては、お友達と一緒に大好きな先生に教えてもらうことが教室に通うきっかけにもなっています。そういった子どもたちの思いを、肌で感じていただければうれしいですね」と話します。

講師になってはじめのうちは「教材を使いこなすことが大変」「英語の発音に自信が持てない」など、不安な面持ちの人もいるそうです。

しかし、「2~3カ月もすればレッスンに慣れてきて、子どもたちの個性も見えてきます。徐々に、先生ご自身の良さを生かしたレッスンができるようになります。1年の振り返りを行う頃には、子どもたちがきれいな発音で話したり、語彙が増えて英会話を積極的に楽しんだり、一人ひとりの成長を実感することができます。目の前にいる子どもたちを励みに『次の1年もがんばろう』と、何年も続けている講師の方が少なくありません。まずは『次の学年に進級するまで、このクラスをしっかり受け持つ』といった目標を持って、1年1年を積み重ねていただければ」と井守さんは話します。

「子どもたちの成長を見守る」といった気持ちを大切に、英会話講師としての道を踏み出してみてはいかがでしょう。

↓マイベストジョブから応募するとお祝い金がもらえます↓

ハッピードルフィンズのバイト・求人を探す

株式会社新学社
本社:京都市山科区東野中井ノ上町11-39
教室数:115拠点(2017年5月時点)
株式会社新学社のアルバイト・求人一覧

必ずお祝い金がもらえる求人サイト知ってますか?

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ