円満にバイトを辞めるポイントは、早めに、正直に、伝えるのが重要!

円満にバイトを辞めるポイントは、早めに、正直に、伝えるのが重要!

バイトをしている人でも、就職活動や学業、試験などで忙しくなり、アルバイトを辞めなければならない場合があります。
どうすればスムーズに退職できるのか、まとめました。
ポイントは以下の3つです。

  • ・事前(最低でも2週間前)には辞めることを伝える
  • ・担当の上司に直接伝え、最終日までちゃんと仕事をしよう
  • ・退職理由は正直に伝えてOK

以下、詳しく解説します。

事前(最低でも2週間前)には辞めることを伝える

「仕事を辞めたい」と思っても、仕事を辞めることをメールや電話で伝えてはいけません。上司が忙しそうにしていても、「お時間をもらえませんか?」とお願いをして、対面で話すのがビジネスマナー。気まずい気持ちは分かりますが、退職の希望はきちんと自分から伝えましょう。

退職のタイミングですが、法的には雇用期間の定めがない場合、“退職日の最低2週間前”までというルールがあります。(民法627条1項「期間の定めのない労働契約については、各当事者はいつでも解約の申し入れをすることができ、解約の申し入れから2週間を経過することによって終了する。」)。

しかし、シフト調整や代わりの人材確保の都合上、なるべく「“辞める1ヶ月前~2ヶ月前”には伝えて欲しい」としているアルバイト先も多いです。

自分がバイトだからといって、すぐに辞められるわけではありません。代わりの人員を確保しなくてはいけない職場では、アルバイター1人が辞めることで、シフト調整をするのが難しくなるところも。

アルバイト先の上司に迷惑がかからないように、退職の意思は早めに伝えるようにしましょう。できれば仕事の繁忙期(忙しいシーズン)は、辞めるタイミングとしてはあまり良くありません。

やむを得ない状況なら仕方はないですが、繁忙期をうまく乗り切ることを考えて、企業はアルバイトの人員確保をしているもの。繁忙期に辞めると「え、このタイミングで!?」と上司の人は頭を抱えてしまうかもしれません。

なおアルバイトの辞め方は、「契約期間に定めがある」「契約期間に定めがない」で、大きく違ってきます。アルバイトを始める前に企業と交わした労働契約に「○月○日~○月○日までの契約とする」といったことが書いてあるかどうかを確認しましょう(書類は「労働契約書」「雇用契約書」といったタイトルで書かれている場合が多いです)。

担当の上司に直接伝え、最終日までちゃんと仕事をしよう

退職を伝える相手は、先輩アルバイターではなく、その職場の責任者である上司です。ショップなら店長、オフィスワークならリーダーや課長などに伝えます。アルバイト仲間に辞めることを打ち明けてしまい、それが上司に間接的に伝わった場合、上司はいい顔をしてくれません。

なお絶対にやってはいけないのは、何も言わずに辞めてしまうこと。「もう会わないから、音信不通でもいいや」という考えは絶対にNGです。アルバイトを辞めたとしても、その後の人間関係は続いていくもの。社会人としての責任感を、きちんと持てるようになりましょう。

また辞めるのが決まったとはいえ、職場の雰囲気を壊すような態度はNG。急にヤル気がなくなったり、職場のことを悪く言ったりは、同じ職場で働く人間としてのマナーが疑われます。モチベーションが下がる気持ちも分かりますが、仕事は最終出社日まで手を抜かないようにしましょう。

仕事終わりに、正直に理由を話そう

職場の上司と話すタイミングは、仕事終わりがオススメ。仕事中に急に話す時間をもらうためのお願いをしても、上司も時間が取れないかもしれないので、予め話す約束をしておいた方が無難です。

退職理由は、学生であれば「学業やサークル活動との両立が難しい」や「資格の勉強に集中したい」「就職活動に集中したい」などが、よくある退職理由。アルバイトを辞める時は、引き止められることも多いですが、学生らしい理由であればスムーズに辞められるでしょう。

また「時給が低いので他のバイトをしたい」「職場の人間関係が難しい」などの理由で辞める場合、上司は、待遇変更など、辞めない形での別の解決方法を提案してくれるかもしれませんので、基本的に正直に理由を伝えるほうが良いでしょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ