バイトの面接で「自分の短所」が聞かれるのはどうして?

バイトの面接で「自分の短所」が聞かれるのはどうして?

バイトの面接で「あなたの短所は?」とか、「苦手なことはありますか?」といった質問をされた経験はありませんか。
ネガティブな質問って、正直に答えると自分の印象を悪くしてしまいそうだし、だからといって、答えないわけにもいかないので、判断が難しいですよね。
この質問で困らないために、質問の目的と正しい答え方を紹介します。

短所を聞く=自己分析ができているかを図る意図がある

短所や欠点を聞いてくる面接官は、一体あなたの何を知ろうとしているのか。これはずばり「客観的なあなたの人柄」です。

面接のような短い時間内で、あなたの人柄をすべて知ることは困難です。ですから、面接官は、あなた自身にあなたを自己分析してもらう。

もしくは他人からの評価を教えてもらうことで、あなたがどんな人なのかを知ろうとしているのです。

ですから、短所や欠点を聞かれた時に、印象が悪くなりそうだから答えないというのはNGです。さらに、面接官の知りたいという気持ちに応えるためには、短所や欠点をピンポイントで答えるのもNGです。

「周りにこう言われる」「自分ではこう思う」といった答え方ではなく、「初対面の人とは上手く話せないので、引っ込み思案と言われる」「飽き性なので、ずっと同じ作業をするのは苦手」など、理由とセットで答えることで、面接官が知りたい情報を的確に伝えることができるというわけなのです。

応募先に合わせた言い方・内容が必要になる

短所や欠点を聞かれた場合、なんでもかんでも素直に答えてしまっていいのかというとこれもNGです。

なぜなら、あなたが受けるバイトの職種によっては、言ってはいけない欠点や短所があるからなのです。

例えば、人当たりのよさや、明るい接客対応が求められる飲食・販売のバイトに、「人見知り」「物怖じする」「大人しいと言われる」といった回答をすると、担当者からすると「だったらうちの職場では難しいかな」と思われてしまいます。

また、キッチンでのバイトに応募する際に、「手先が不器用」「細かい作業が苦手」といった回答もふさわしくありません。

そもそも、こうした人が、その仕事の面接を受けにくること自体がおかしいと思われてしまいますから、本音ではそうであったとしても、黙っているほうが得策です。

もし、短所を隠してまでしても、そのバイトがしたいのであれば、上手な言い換えが必要になります。

短所は言い換え次第で、長所にも生まれ変わる

例えば、人見知りをするという欠点を持っている場合でも、「初対面で緊張しないよう、こちらから挨拶をするように心がけている」というように、改善しようとしている態度をアピールすることができれば、面接官には、「努力家」「頑張り屋さん」といった印象が残るはずです。

また、「手先が不器用」という場合でも、「ただし、根気強いのできちんと練習することができる」というふうに自身の短所や欠点を、自分の長所でフォローすることができれば、これも一種のアピールになります。

このように、短所や欠点を問われた際には、まず、自分がこれからしようとしている職種を考えてから答えること。

そして、短所や欠点を伝える際には、必ずそれをカバーできる内容を一緒に伝えて、イメージアップを図るよう心がけましょう。

バイトするなら知らないと損!必ず祝い金がもらえるサイト

応募しようと考えているバイト先があったら、応募する前にマイベストジョブでも求人募集されていないかまずチェック!他のサイトからの応募だと、もらえなかったはずの祝い金がもらえます。

マイベストジョブでは、バイトに応募して採用が決まると必ず全員にお祝い金がもらえます。最大2万5千円。

今すぐアルバイトを探す

このページのトップへ