1. 成功する求人広告の原稿作成テクニック実用編

今回は実際の原稿を書く際のポイントをご紹介します。
どこにどんな風に書けばもっと効果が出るのか、改めて考えてみましょう。

効果の出るキャッチコピー

Webサイトを閲覧するユーザーの特性として「流し読みしていることが多い」「直観的判断に基づいた情報を取捨選択している」という傾向があります。多くの場合、見出しだけを流し読みし、興味を持ったものだけ、お仕事詳細ページを身にいく、ということです。

その見出しにあたるのが「キャッチコピー」です。たくさんのお仕事情報が一覧表示されるなか、ここに魅力がなければ読み飛ばされてしまいます。ほかにはない特徴を分かりやすく明記し、そのお仕事の「個性」がパッと目につくようにする、主なポイントをご紹介します。

差別化できるメリットは積極的に書く!

人気の仕事であっても、「難しそう」「条件が難しそう」と思われたら応募数は上がりません。未経験可(歓迎)の場合は、ぜひアピールしましょう。

経験不問!未経験からはじめるパティシエのお仕事!
週2からOK!●●会社警備のお仕事です

一般的な名称・表現を心がける!

どんな仕事なのか分からないような曖昧な業務名は効果がありません。また、仕事内容を記載することは必須になっていますので、気をつけましょう。

×:電話対応⇒●●サービスに関するお客様からの電話問い合わせ対応
×:サッカー業務⇒売り場レジで商品を袋詰めするお仕事
×:お客様との出会いの数だけあなたが成長するお仕事
※抽象的で意味を持たない言葉は効果なし

検索項目はしっかり設定!

「勤務地」「仕事内容」「勤務時間」なとはていねいに記入しましょう。求職者は勤務地や最寄駅から、通勤時間や交通費を考慮して探します。最寄駅からの所要時間など、詳しい情報を掲載しておくとさらに親切です。

具体的な事例や数値は効果的!

お仕事内容は具体的な事例(先輩の実体験など)や数値(何割の人が○年以上勤務」など)を交えて書くと効果的です。
また、月の残業時間や月収例などを入れると、求職者がどれだけの収入を得られるのかが、イメージしやすくなります。

<参考例>
・残業は、月に20時間程度
・時給1200円×1日7時間×21日=17万6400円

特徴フラグは忘れずに!

特徴フラグは、お仕事は選ぶ際、条件に明確なビジョンのある人ほど活用しています。フラグを付けなかったために、検索から漏れたり、アクセス・応募数が下がることもあります。最後になりますが一番のメリットはキャッチコピーに書いてアピールしましょう。応募数を増やすためにも、まずは求職者の目を引き、お仕事情報を見てもらうことが大切です。

無料で求人掲載をお考えの方は

無料で求人掲載をお考えの方はこちらのマイベストジョブ掲載のページもご覧ください。
完全成功報酬型 無料求人広告掲載|バイト・正社員の求人サイト【マイベストジョブ】

アルバイト・正社員の求人広告掲載【マイベストジョブ】