1. 求人募集の時に効果的な写真撮影3つの方法

求人募集をかける人事・採用担当者向け求人広告ノウハウをご紹介します。
どんな写真を掲載すればいいのか悩む方も多いと思います。ここでは効果的な写真をお伝えします。

はじめに

最近の求人広告サイトでは写真を何枚も掲載できるタイプが多いです。マイベストジョブでも全プランに写真掲載できる機能が備わっています。写真は会社(店舗)の雰囲気を伝える手段として重要な部分です。文字だけでは伝えられないことを写真では伝えることができます。ですから求人募集の際はできるだけ写真にこだわってみましょう。特にスタッフが掲載されている写真は反響が高い傾向にあります。マイベストジョブではスタッフが働いている写真を掲載することを推奨しています。

スタッフが働いている写真を撮ろう!

一番おススメなのが職場でスタッフが働いている写真です。働いている場面の写真が求職者に働くイメージを明確に訴求できます。また人物の集合写真もおススメです。一人だけで写っている写真でも問題ありませんがスタッフ同士(複数名)の写真も有効です。「楽しそう!」と、思わせる写真にしましょう。求職者にとって一緒に働く仲間は気になるポイントです。会社や店舗の雰囲気が伝わる写真を心掛けましょう。

また全員の顔がわかりやすいように大きめに撮影できているか注意しましょう。また正面だけだと記念撮影のような雰囲気になってしまいますので、角度をつけた写真も撮影するのがポイントです。立ち位置やポーズは指示してあげましょう。多少演技ぽくっても仕事の動きをしてもらうのがコツです。写真撮影を嫌がるスタッフも多いと思いますが・・・「顔は写らないようにするから働いているときの後ろ姿だけ撮らせて!」と言うと意外に撮影OKなケースがあります。

仕事内容・職場の雰囲気が分かる写真を撮ろう!

とは言ったもの写真撮影を嫌がるスタッフも多いと思いますし、スタッフ全員揃うタイミングが難しい場合もあると思います。その場合は最低でもどういう雰囲気の職場(店舗)環境なのかを伝えましょう。仮に居酒屋の募集で複数の写真を掲載できる場合は内観や外観。料理の写真がおススメです。一般的な企業の場合は自社のサービスや商品を掲載してみましょう。写真を掲載できるのに掲載しないのは勿体無いので、なにかしらかの写真は掲載するべきです。

目線の高さや撮影のアングルを考えて撮ろう!

カメラを構える位置にも注意。いつも自分が見ている目の高さでカメラを構えがちですが、例えばいつもより高い位置でカメラを構えるのも効果的です(逆に低い位置から見上げてみる場合も)。踏み台を利用しなくても、両手を伸ばして頭より上から撮ってみましょう。オフィスの角から斜めに撮ると、狭い部屋も広く見えます。デスクワークなど動きの少ないものも、上からや斜めなど、アングルを変えることで躍動感が生まれます。

気をつけてほしい掲載写真

仕事とは関係ない写真やイメージ写真はおススメできません。求職者にとって働くイメージが伝わらないため効果的ではありません。他にも暗い写真や画像が粗い写真になっていないか。画像サイズが適切か気をつけましょう。携帯等の小さい画面だと何が写っているのか不明な場合があります。違う写真を掲載できないか検討してください。またすでに退職している社員(アルバイト)が写っている写真は肖像権の侵害に該当するため使用するのは控えましょう。

無料で求人掲載をお考えの方は

無料で求人掲載をお考えの方はこちらのマイベストジョブ掲載のページもご覧ください。
完全成功報酬型 無料求人広告掲載|バイト・正社員の求人サイト【マイベストジョブ】

アルバイト・正社員の求人広告掲載【マイベストジョブ】