1. 採用募集の前に知っておきたい求人広告マニュアル

求人募集をかける人事・採用担当者向け求人広告ノウハウをご紹介します。
はじめて求人募集をかける際に注意したいポイントをまとめてみました。

求人募集に悩んでいませんか?

最近の求人倍率の回復にあたって、ますます採用が難しくなってきています。多くの企業は費用をかけずに採用を成功させたいと考えているはずですが「また今回も求人広告の効果がない・・・」なんて経験をした採用担当者も多いはず。

採用を諦める前に自社の求人広告に問題が無いか改めて確認してみましょう。必ずしも魅力的な内容にする必要はありません。求職者にわかりやすい内容を心掛けましょう。下記のポイントは最低でもチェックしておきたい内容です。

効果的な募集要項

注意してほしいのが給与と時間帯です。給与でよくあるケースとして研修期間を記載しない企業もいます。誤解を与えないためにも研修期間や試用期間がある場合はしっかり明記しましょう。また勤務時間ですがアルバイト募集の場合は「最低でも週●日から」という記載が必要です。正社員や契約社員の場合は「月間の平均残業時間」をしっかり記載しましょう。意外に書いていない企業が多いです。最低勤務日数が決まっていない場合もあるかと思いますが、その場合は最低勤務日数を決めるところから始める必要があります。

求人広告の注意点

誤解を与える誇大広告は控えましょう。また従業員数や平均年齢や離職率や売上など会社の情報を出すことを嫌がる企業様もいますが、求職者にとっては知りたい情報になります。一見マイナスに見えることでも、事実を記載すれば、その条件に納得した人だけが応募するので、その後のトラブルがなく、企業にとっても効率的に採用活動ができます。積極的に会社の情報を発信していきましょう。

男女雇用機会均等法は事前に理解しておきましょう。「主婦歓迎」などは性別を限定していることに繋がる為「主婦(夫)歓迎」と表記しましょう。客観的事実のない表記を使用するのは控えましょう。(例:日本一、世界一 等)

知って得する求人サイト情報

最近ではあらゆる求人サイトでスマートフォンからのアクセスが非常に多いです。特にアルバイトサイトではかなり割合を占めています。ですのでスマホからの「見やすさ」を意識すると少しだけ得すると思います。管理画面で原稿作成しているときは見やすいと思っていてもスマホからは見づらい場合があります。特に改行箇所がパソコンとモバイルでは全く違うので意識したいポイントです。中途半端に改行するくらいであればイチ文章(50文字程度)ごとに改行することをおススメします。

無料で求人掲載をお考えの方はこちらのマイベストジョブ掲載のページもご覧ください。
完全成功報酬型 無料求人広告掲載|バイト・正社員の求人サイト【マイベストジョブ】

アルバイト・正社員の求人広告掲載【マイベストジョブ】